公開済みの記事


【弁護士EYE】離婚までの道

【弁護士EYE】離婚までの道

自分の不倫によって事実上夫婦関係が終わっているのに相手が離婚してくれない場合、どのようにすれば最終的に離婚までたどり着けるのでしょうか。


【弁護士EYE】離婚の動機

【弁護士EYE】離婚の動機

離婚の動機について、相手に問題があるから別れたい、又は自分に新しい相手がいるから別れたい、の2つのパターンがありますが、後者においてその動機を正直に言っても離婚できる可能性が低いので、建前は前者をとります。


【弁護士EYE】男性の浮気

【弁護士EYE】男性の浮気

先日面白い相談があったので、抽象化して紹介したいと思います。


【弁護士EYE】養育費の不払い

【弁護士EYE】養育費の不払い

 離婚に際して、子の養育費を定めることがありますが、現状では、養育費の取り決めをしないで離婚してしまう場合も多く、また、取り決めをしたとしても不払いになってしまう場合もみられ、シングルマザーの貧困につながる問題となっています。


【弁護士EYE】典型的な離婚のケース

【弁護士EYE】典型的な離婚のケース

最も典型的な離婚のケースは、一方はどうしても離婚したいのに、相手が離婚に応じず、なかなか離婚に至らないケースです。


【弁護士EYE】離婚に際しての婚姻費用の分担義務

【弁護士EYE】離婚に際しての婚姻費用の分担義務

夫婦関係が悪化し、別居をしていたとしても、夫婦はその資産・収入・社会的地位に応じて通常の社会生活を維持するために必要な費用をお互いに分担する必要があり、これを「婚姻費用」といいます。


【弁護士EYE】社会的地位の高い方の離婚

【弁護士EYE】社会的地位の高い方の離婚

社会的地位の高い方の離婚であっても、特に一般人と大きく異なることはありませんが、そのような属性を持つ多くの依頼者は、「終わり方」を気にします。


【弁護士EYE】外国人との離婚

【弁護士EYE】外国人との離婚

日本人と外国人との間の離婚は、想像以上にたくさんの問題が発生します。


【弁護士EYE】不貞行為認定するための証拠

【弁護士EYE】不貞行為認定するための証拠

裁判において、不貞行為があったことを認定するための証拠としてよく例に上げられるものに、(探偵などに撮影させた)ラブホテルから出入りするときの写真というものがあります。


【弁護士EYE】離婚交渉の一番大事な事

【弁護士EYE】離婚交渉の一番大事な事

弁護士が離婚案件の依頼を受けて、相手方本人やその弁護士と交渉をするとき、一番大事なことは何でしょうか。


【弁護士EYE】年代別不倫相談

【弁護士EYE】年代別不倫相談

完全に私見ですが、不倫に関わるご相談は、20代よりも30代・40代の方が多い傾向にあるように見受けられます。


【弁護士EYE】離婚約

【弁護士EYE】離婚約

カップルが婚約をしたが、正当な理由なく一方がこれを破棄した場合には、相手方の精神的損害に対して慰謝料請求が認められるケースがあります。


【弁護士EYE】夫に浮気を打ち明けられたら

【弁護士EYE】夫に浮気を打ち明けられたら

「決して責めないから隠し事をせずに正直に話してね」と


【弁護士EYE】結婚を焦ればトラブルがつきもの

【弁護士EYE】結婚を焦ればトラブルがつきもの

独身だからといって、結婚を焦ればトラブルがつきものです。


【弁護士EYE】男女関係における「別れ」

【弁護士EYE】男女関係における「別れ」

男女関係における「別れ」において、特に不倫関係の場合は注意が必要であることは言うまでもありません。


【弁護士EYE】セカンドシングル男性に注目

【弁護士EYE】セカンドシングル男性に注目

離婚歴のある独身男性が、結婚相手として人気が出てきているということである。


【弁護士EYE】婚約破棄に伴う指輪の返還請求

【弁護士EYE】婚約破棄に伴う指輪の返還請求

一度、婚約破棄に伴う指輪の返還請求の依頼を受けて行ったことがあります。


【弁護士EYE】結婚が長続きする秘訣

【弁護士EYE】結婚が長続きする秘訣

先日、知人から「弁護士として仕事上離婚をたくさん見てきたと思うけど、離婚の原因又は結婚が長く続く秘訣って何」と質問されました。


【弁護士EYE】かつてのアイドルの明暗

【弁護士EYE】かつてのアイドルの明暗

 昨年のベッキーさんの件ほど、マスコミからの総バッシングを受けるケースは稀ですが、芸能人の不倫報道というのは、昔からマスコミには格好の材料となっています。


【弁護士EYE】身体的特徴が原因

【弁護士EYE】身体的特徴が原因

身体的特徴が原因で離婚に至るというケースはいままで出会ったことはありませんが、前も一度書いたように、配偶者の精神疾患がひどくなり、離婚を求めるケースは少なくないように思います。