公開済みの記事


【弁護士EYE】相手の素性調査

【弁護士EYE】相手の素性調査

離婚事件において、相手の素性について調査依頼を受けることはがよくあります。


【弁護士EYE】金の切れ目が縁の切れ目

【弁護士EYE】金の切れ目が縁の切れ目

夫婦の一方が無断で多額の借金を重ねて浪費を行うことは、「婚姻を継続し難い重大な事由」と認められ、裁判で離婚が認められる場合があります。


【弁護士EYE】子供のこと

【弁護士EYE】子供のこと

離婚の際、揉めに揉めることが多いのが子供のことです。


【弁護士EYE】セックスレス離婚

【弁護士EYE】セックスレス離婚

セックスレスが離婚事由となるかどうか、非常に多い質問です。


【弁護士EYE】コンプライアンス違反

【弁護士EYE】コンプライアンス違反

近年、企業に対しても、個人に対しても、「コンプライアンス(法令遵守)」が求められる声が大きくなっており、特に、政治家や芸能人のような「公の場」にいる個人のコンプライアンス違反への制裁は過熱傾向にあります。


【弁護士EYE】離婚回数が多いこと等を理由に行政指導はあるのだろうか

【弁護士EYE】離婚回数が多いこと等を理由に行政指導はあるのだろうか

離婚回数が多いこと等を理由として行政指導などがなされることはありません。


【弁護士EYE】精神疾患を理由に離婚する事の難しさ

【弁護士EYE】精神疾患を理由に離婚する事の難しさ

配偶者の精神疾患が離婚に該当する否かは非常に難しい問題です。


【弁護士EYE】離婚後の共同生活

【弁護士EYE】離婚後の共同生活

夫婦が離婚した後も、お互いに同居を続けるということは、実はよくあることです。


【弁護士EYE】介護疲れ

【弁護士EYE】介護疲れ

これまで「介護疲れ」を理由とした離婚など聞いたことがありませんでしたが、今後はもしかしたらそのような離婚が出てくるかもしれません。


【弁護士EYE】同性婚についての法制度

【弁護士EYE】同性婚についての法制度

ご存知のとおり、日本では同性婚についての法制度はまだ未整備と言わざるを得ませんが、地方自治体レベルでは、同性愛者へ配慮した制度の創出が相次いでいます。


【弁護士EYE】話し合いで解決

【弁護士EYE】話し合いで解決

離婚にあたっては、2人で話し合い、協議離婚ができるのであれば、手続としては離婚届を作成し、市役所に提出するだけです。しかし、2人での話し合いがつかない場合は、法的手続を取る必要があります。


【弁護士EYE】不倫の慰謝料請求を行うとき

【弁護士EYE】不倫の慰謝料請求を行うとき

いざ不倫の端緒を掴んで相手に慰謝料請求を行うとき、必要なのは何でしょうか。


【弁護士EYE】トラブルに繋がる発言にはご注意を

【弁護士EYE】トラブルに繋がる発言にはご注意を

先日、とある企業の管理職の方から、別の部署に異動したかっての部下の女性に偶然社内で会ったので、「ご主人とお子さん元気?」と聞いたら、


【弁護士EYE】やりすぎは禁物

【弁護士EYE】やりすぎは禁物

相手が不貞行為を働いたとき、相手を怒りたくなるお気持ちはすごくわかりますが、やりすぎは後で自分に跳ね返ってきます。


【弁護士EYE】離婚後の関係

【弁護士EYE】離婚後の関係

離婚後の関係については、当然のことながら千差万別です。


【弁護士EYE】年の差婚

【弁護士EYE】年の差婚

芸能人などで年の差カップルが、話題になることがあり、多くは高齢な男性側が資産を持っているために、女性が遺産目当てでの結婚ではないか、と心無いことを言われることもあります。


【弁護士EYE】離婚に際しての不動産の処分

【弁護士EYE】離婚に際しての不動産の処分

離婚に際してよく問題となるのは、不動産の処分です。


【弁護士EYE】未婚の母

【弁護士EYE】未婚の母

未婚の母となった女性にとって、自らのことはある程度の苦労は甘受できても、やはりお子さんの苦労はなるべく避けたいと思うのが自然です。


【弁護士EYE】婚約解消に法的拘束力はあるのか。

【弁護士EYE】婚約解消に法的拘束力はあるのか。

婚約をしたカップルだったが、一方の都合だけで婚約解消をされた場合に、どうなるでしょうか。


【弁護士EYE】離婚までの道

【弁護士EYE】離婚までの道

自分の不倫によって事実上夫婦関係が終わっているのに相手が離婚してくれない場合、どのようにすれば最終的に離婚までたどり着けるのでしょうか。