公開済みの記事


【弁護士EYE】 セレブな人たち「奔放なセレブの性の末路」  ~女優奥菜恵とIT長者、一般人、俳優~

【弁護士EYE】 セレブな人たち「奔放なセレブの性の末路」 ~女優奥菜恵とIT長者、一般人、俳優~

 離婚をした場合、専業主婦を想定すると、財産分与で余程多くの財産を受け取る場合を除いて、生活のレベルは結婚前後で下がることになるのが、一般的である。  離婚後は、別れた夫から受け取ることができるのは養育費だけであり、子供がいなければそれすらもらうことができない。


【弁護士EYE】セレブな人たち「ハイパースピード離婚」  ~道端ジェシカとF1レーサー~

【弁護士EYE】セレブな人たち「ハイパースピード離婚」 ~道端ジェシカとF1レーサー~

 離婚時に気になるお金の問題として、①養育費、②慰謝料、③財産分与の3つがあります。 子供がいない場合①養育費は問題となりません。では、セレブ離婚の場合、②慰謝料はどうか。結論からいうと、一般の離婚の場合と比べて、若干上振れするものの、ほとんど異なりません。


【弁護士EYE】NEWS「子供は夫婦関係のバロメーター」

【弁護士EYE】NEWS「子供は夫婦関係のバロメーター」

子供のいる夫婦関係において、子供の存在は重要なものであり、離婚をするかどうかにあたっても大きな考慮要素となることが通常ですし、離婚をするとしても離婚後に子供がどのような生活をして育っていくかをよく考えることが親としての責任でしょう。


【弁護士EYE】離婚事件簿「離婚は命懸け」

【弁護士EYE】離婚事件簿「離婚は命懸け」

 裁判所において扱われる事案は、当事者同士での話し合いで解決ができなかったものがほとんどですので、離婚問題や男女関係のみならず、金銭問題、相続紛争、刑事事件など、人の感情が大きく絡む事案が多くあります。さいたま地裁の敷地内での本事件も、そのような事案の一つだったのかもしれません。


【弁護士EYE】 離婚事件簿「子連れ再婚の苦悩」

【弁護士EYE】 離婚事件簿「子連れ再婚の苦悩」

 弁護士として活動していて「ステップファミリー」に会うケースはそれほど多くない。なぜなら「ステップファミリー」になる前段階の離婚の際に弁護を行うからだ。むしろ「ステップファミリー」に会うことがあるのは,離婚後の法律問題,つまり養育費などの付随的問題の場合である。


【弁護士EYE】NEWS「カトリック教徒は離婚できない?」

【弁護士EYE】NEWS「カトリック教徒は離婚できない?」

日本の民法では、裁判上の離婚の訴えを起こすことができる場合を、 ① 配偶者に不貞な行為があったとき。 ② 配偶者から悪意で遺棄されたとき。 ③ 配偶者の生死が三年以上明らかでないとき。 ④ 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。 ⑤ その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。


【弁護士EYE】離婚事件簿「子供は“どっち”のもの?」

【弁護士EYE】離婚事件簿「子供は“どっち”のもの?」

 平成28年4月29日千葉家庭裁判所松戸支部において、5年間娘の養育への妨害を受けてきた父親を親権者・監護権者とする判決が下されました。 親権の指定・変更において、最も重要視されるのが、「子の利益」です(民法819条)。