公開済みの記事


【弁護士EYE】信仰の違いを理由に離婚できない

【弁護士EYE】信仰の違いを理由に離婚できない

 信仰の違いを理由に離婚をできるか。信仰自体は、内心の問題であり、その違いだけで離婚はできません。


【弁護士EYE】結婚契約

【弁護士EYE】結婚契約

 あまりメジャーではありませんが、日本にも夫婦財産契約について定めた法律が存在します。


【弁護士EYE】離婚式の法律問題

【弁護士EYE】離婚式の法律問題

 離婚を決めた夫婦が、「離婚式」を行うことがあるそうです。家族や友人を招待して、離婚に至るまでの経緯を報告し、結婚指輪をハンマーで壊し、最後には夫婦で離婚届に署名押印するとのことです。


【弁護士EYE】離婚と少子化問題

【弁護士EYE】離婚と少子化問題

 未婚率と離婚率が上昇し、少子化に歯止めがかからないと言われます。


【弁護士EYE】別居しながら婚姻状態を続ける意義

【弁護士EYE】別居しながら婚姻状態を続ける意義

 本来離婚すべきであるのに表向きは結婚している夫婦というのは実はたくさんいます。


【弁護士EYE】離婚しやすさの条件

【弁護士EYE】離婚しやすさの条件

 離婚に対する抵抗感が薄いという言説はにわかには信用できません。


【弁護士EYE】ジョニーデップの離婚騒動

【弁護士EYE】ジョニーデップの離婚騒動

 当事者同士で離婚の協議が整いそうにない場合、「裁判」が頭によぎるようですが、現実には厳密な意味での「裁判」に突入するケースはほとんどありません。


【よくある相談事例】夫の親の介護して亡くなった時の遺産相続方法

【よくある相談事例】夫の親の介護して亡くなった時の遺産相続方法

夫の親の介護をしていて、親が亡くなった場合、嫁は遺産を相続できません。


【よくある相談事例】年金分割

【よくある相談事例】年金分割

 離婚日の翌日から2年以内に、年金分割改定請求手続きを行うことで、婚姻期間中のいわゆる2階部分(例えば厚生年金や共済年金)の保険料納付記録を分割できるという制度です。


【よくある相談事例】養育費はどれくらいもらえるか

【よくある相談事例】養育費はどれくらいもらえるか

裁判所が養育費の算定表を公表しており、これが実務上の基準となっています。


【よくある相談事例】弁護士費用を支払えない場合の対応方法

【よくある相談事例】弁護士費用を支払えない場合の対応方法

 法テラスによる「民事法律扶助」という制度があります。


【よくある相談事例】弁護士依頼のメリット・デメリット

【よくある相談事例】弁護士依頼のメリット・デメリット

 大きなメリットとしては、離婚交渉が上手く進むことが挙げられます。


【よくある相談事例】相手の財産を調べる方法

【よくある相談事例】相手の財産を調べる方法

 預貯金に関していえば、弁護士や裁判所は調査可能です。


【よくある相談事例】離婚協議中に自分の預貯金を離婚準備のために使えるか

【よくある相談事例】離婚協議中に自分の預貯金を離婚準備のために使えるか

 財産分与の対象にならない財産であれば、それは自分の財産ですので問題ありません。


【よくある相談事例】離婚を有利に進めるため、最初に準備しておくべきこと

【よくある相談事例】離婚を有利に進めるため、最初に準備しておくべきこと

 証拠を集めたり、既成事実を作っておいたりすることが重要です。


【弁護士EYE】話し合いが困難であれば公的機関や弁護士に依頼を!

【弁護士EYE】話し合いが困難であれば公的機関や弁護士に依頼を!

 妻から離婚を持ち出されると、逆に感情的になってDVやモラハラに至ってしまう夫もいます。


【弁護士EYE】裁判離婚は簡単ではない

【弁護士EYE】裁判離婚は簡単ではない

 日本では、協議離婚が出来ない場合、裁判で離婚をする必要がありますが、その場合「離婚事由がある」と裁判所に判断してもらわなければならないので、裁判離婚は簡単ではありません。


【弁護士EYE】イスラムの離婚相談にびっくり!

【弁護士EYE】イスラムの離婚相談にびっくり!

 国の経済状況と離婚については、それぞれの国民性もあると思うのでなんともいえませんが、これまでご相談を受けた件でびっくりしたのはイスラム法でした。


【弁護士EYE】山口達也のケースにみる「男女関係のあり方」

【弁護士EYE】山口達也のケースにみる「男女関係のあり方」

 結婚が、男女関係(LGBTの観点からすれば、それに限られませんが)において目指すべきものなのでしょうか。


【弁護士EYE】「小倉優子 不倫相手である後輩の責任」

【弁護士EYE】「小倉優子 不倫相手である後輩の責任」

 本件で最も非難を浴びているのは小倉優子の夫であるが、ここでは視点を変えてその夫の不倫相手である「所属事務所の後輩」がいかなる責任を負うか考えてみます。