公開済みの記事


【弁護士EYE】不倫にもいろいろ

【弁護士EYE】不倫にもいろいろ

現在の刑法では、不倫そのものは罪とされていません。


【弁護士EYE】扶養義務

【弁護士EYE】扶養義務

夫婦間には扶養義務があり、その内容は、生活保持義務、平たく言えば、相手が自分と同程度の水準の生活をできるようにする義務です。


【弁護士EYE】離婚の傾向

【弁護士EYE】離婚の傾向

離婚する人はその親も離婚していたというケースが多い、と言われることがあります。近年、日本でも3組に1組の夫婦が離婚するとも言われ、離婚自体が珍しいものとはなくなっておりますが、やはり、世間体を気にして離婚すること自体に抵抗のある方は多くいます。


【弁護士EYE】縁

【弁護士EYE】縁

たくさんの男女関係にまつわる法律相談を扱っていますと、「縁」というものを考えるときがあります。


【弁護士EYE】2人目なのに長男?

【弁護士EYE】2人目なのに長男?

再婚相手の女性に連れ子(男の子)がいて、その連れ子と普通養子縁組をした場合、戸籍上は男の子なら「養子」という続柄の記載がされます。


【弁護士EYE】仕事の終わり

【弁護士EYE】仕事の終わり

離婚の調停や裁判が終わったら弁護士の仕事が終わりかというと、他の金銭請求の案件等とは異なり、なかなかそうはいきません。離婚で裁判所の手が離れた後、多くのケースで「面会交流」をめぐって揉めます。


【弁護士EYE】離婚とSEO

【弁護士EYE】離婚とSEO

皆さん、弁護士を探すときは、どうしますか。身近に相談できる弁護士がいれば別ですが、いない場合はインターネットで検索することが多いのではないでしょうか。


【弁護士EYE】早期離婚

【弁護士EYE】早期離婚

離婚の御相談において、婚姻期間を確認すると、数カ月というものが時折あります。


 【弁護士EYE】無縁社会

【弁護士EYE】無縁社会

大人になると、皆が結婚すると思っていたが、周りをみると結婚をしていない人がそれなりにいることに気が付きます。


【弁護士EYE】子供の連れ去り

【弁護士EYE】子供の連れ去り

「子供の連れ去り」という言葉を聞いたことのある人はいるだろうか。


【弁護士EYE】離婚裁判でDV被害を立証するためには

【弁護士EYE】離婚裁判でDV被害を立証するためには

夫からDV被害を受けている場合、離婚裁判でこれを立証するためには、暴力を受けて負った傷を写真で保存しておくことや、医師の診断書を取っておくことが重要です。


【弁護士EYE】婚姻生活中の財産について

【弁護士EYE】婚姻生活中の財産について

婚姻生活が円満なときには気にしないけれど、いざうまくいかなくなり離婚を考えるようになると気になるのが、婚姻生活中に使ったり貯めたりした財産についてです。


【弁護士EYE】夫婦間の財産分与

【弁護士EYE】夫婦間の財産分与

夫婦間の財産分与は、夫婦が婚姻期間中に双方の協力によって得た財産が対象になり、その分与割合は当事者の合意によりますが、調停ですと概ね折半となります。


【弁護士EYE】婚約破棄が違法となるケースは?

【弁護士EYE】婚約破棄が違法となるケースは?

婚約はあくまでも“結婚の約束”でしかなく、結婚への法的強制力はない、と言われるのは、婚約には結婚への拘束力はないということを言うものにすぎません。実際に結婚が成立するためには、その両性が結婚する意志のもとで婚姻届を出さなくてはいけないのです。


【弁護士EYE】養育費や婚姻費用

【弁護士EYE】養育費や婚姻費用

養育費や婚姻費用というのは夫婦それぞれの年収と、子供の年齢と人数で決まるというのはご存知の方も多いと思います。


【弁護士EYE】不貞行為を牽制

【弁護士EYE】不貞行為を牽制

日本において裁判所が当事者に試験を課すというのはありませんが、ご相談の中には、不貞行為が奥様にばれた後に、奥様から奥様の誕生日や記念日を問う試験(?)をさせられて、その結果が散々であったため、最後に「次に不貞行為をした場合には慰謝料として500万円支払う」という誓約書を書かされた方がいました。


【弁護士EYE】プラトニックラブによる夫婦関係への影響

【弁護士EYE】プラトニックラブによる夫婦関係への影響

プラトニックラブは不倫として離婚訴訟の俎上に載るのか?


【弁護士EYE】不貞行為の証明

【弁護士EYE】不貞行為の証明

不貞行為を裁判で証明しようとするとき、決定的になるものはやはりラブホテル等の一般的に性交渉を行うために用意された場所への出入りですが、それ以外にも証拠になるものはあります。


【弁護士EYE】単身者世帯と社会

【弁護士EYE】単身者世帯と社会

国立社会保障・人口問題研究所の人口統計資料集によると、2015年における50歳時のシングル率は、男性未婚割合は23.37%であり、離別を加えると29.63%、さらに、死別を加えると、30.2%となっています。


【弁護士EYE】思い当たる節がある?

【弁護士EYE】思い当たる節がある?

過去のご相談者の中に、夫に出て行かれて、夫の弁護士から一方的に離婚を迫る通知が届いたという方がいました。