公開済みの記事


【弁護士EYE】男女の出会いを後押しするサービス

【弁護士EYE】男女の出会いを後押しするサービス

婚活ブームから始まり、昨今はマッチングアプリなど、男女の出会いを後押しするサービスが百花繚乱の様相を呈しています。


【弁護士EYE】重婚罪

【弁護士EYE】重婚罪

世界では一夫多妻制が認められている国もありますが、皆さんご存じの通り、日本では重婚は禁止され、民法第732条は「配偶者のある者は、重ねて婚姻をすることができない。」と規定しています。


【弁護士EYE】離婚で大きく問題になることの一つ

【弁護士EYE】離婚で大きく問題になることの一つ

離婚に際して、大きく問題になることの一つとして、お金の問題があります。


【弁護士EYE】裁判所での調停

【弁護士EYE】裁判所での調停

裁判所での調停等においては、どちらか一方が、離婚を求めているケースが通常ですので、裁判所が復縁を提案するというのは、あまり見られません。


【弁護士EYE】慰謝料請求に弁護士費用や探偵の費用なども請求できるのか

【弁護士EYE】慰謝料請求に弁護士費用や探偵の費用なども請求できるのか

不貞行為があった場合に慰謝料請求ができることは知られていますが、弁護士費用や探偵の費用なども請求してほしいという質問がよくなされます。


【弁護士EYE】婚活ブーム

【弁護士EYE】婚活ブーム

数年前から「街コン」や「婚活パーティー」など婚活ブームが騒がれ、同じく数年前から「文春砲」により不倫がにわかに世間の注目を集まって以降、弁護士として、男女関係のトラブルのご相談が今後増えるのでは?と思った記憶があります。


【弁護士EYE】2人の目指す方向性

【弁護士EYE】2人の目指す方向性

弁護士に離婚のご相談に来られる方は、既に夫婦関係に何らかの支障が生じ、又はそれが修復不可能な状況となっている場合がほとんどで、価値観の相違といったレベルではなく、互いを忌み嫌う関係になってしまっています。


【弁護士EYE】相手の素性調査

【弁護士EYE】相手の素性調査

離婚事件において、相手の素性について調査依頼を受けることはがよくあります。


【弁護士EYE】子供のこと

【弁護士EYE】子供のこと

離婚の際、揉めに揉めることが多いのが子供のことです。


【弁護士EYE】セックスレス離婚

【弁護士EYE】セックスレス離婚

セックスレスが離婚事由となるかどうか、非常に多い質問です。


【弁護士EYE】コンプライアンス違反

【弁護士EYE】コンプライアンス違反

近年、企業に対しても、個人に対しても、「コンプライアンス(法令遵守)」が求められる声が大きくなっており、特に、政治家や芸能人のような「公の場」にいる個人のコンプライアンス違反への制裁は過熱傾向にあります。


【弁護士EYE】離婚回数が多いこと等を理由に行政指導はあるのだろうか

【弁護士EYE】離婚回数が多いこと等を理由に行政指導はあるのだろうか

離婚回数が多いこと等を理由として行政指導などがなされることはありません。


【弁護士EYE】精神疾患を理由に離婚する事の難しさ

【弁護士EYE】精神疾患を理由に離婚する事の難しさ

配偶者の精神疾患が離婚に該当する否かは非常に難しい問題です。


【弁護士EYE】離婚後の共同生活

【弁護士EYE】離婚後の共同生活

夫婦が離婚した後も、お互いに同居を続けるということは、実はよくあることです。


【弁護士EYE】介護疲れ

【弁護士EYE】介護疲れ

これまで「介護疲れ」を理由とした離婚など聞いたことがありませんでしたが、今後はもしかしたらそのような離婚が出てくるかもしれません。


【弁護士EYE】同性婚についての法制度

【弁護士EYE】同性婚についての法制度

ご存知のとおり、日本では同性婚についての法制度はまだ未整備と言わざるを得ませんが、地方自治体レベルでは、同性愛者へ配慮した制度の創出が相次いでいます。


【弁護士EYE】話し合いで解決

【弁護士EYE】話し合いで解決

離婚にあたっては、2人で話し合い、協議離婚ができるのであれば、手続としては離婚届を作成し、市役所に提出するだけです。しかし、2人での話し合いがつかない場合は、法的手続を取る必要があります。


【弁護士EYE】不倫の慰謝料請求を行うとき

【弁護士EYE】不倫の慰謝料請求を行うとき

いざ不倫の端緒を掴んで相手に慰謝料請求を行うとき、必要なのは何でしょうか。


【弁護士EYE】トラブルに繋がる発言にはご注意を

【弁護士EYE】トラブルに繋がる発言にはご注意を

先日、とある企業の管理職の方から、別の部署に異動したかっての部下の女性に偶然社内で会ったので、「ご主人とお子さん元気?」と聞いたら、


【弁護士EYE】やりすぎは禁物

【弁護士EYE】やりすぎは禁物

相手が不貞行為を働いたとき、相手を怒りたくなるお気持ちはすごくわかりますが、やりすぎは後で自分に跳ね返ってきます。