公開済みの記事


【弁護士EYE】NEWS「カトリック教徒は離婚できない?」

【弁護士EYE】NEWS「カトリック教徒は離婚できない?」

日本の民法では、裁判上の離婚の訴えを起こすことができる場合を、


【弁護士EYE】離婚事件簿「子供は“どっち”のもの?」

【弁護士EYE】離婚事件簿「子供は“どっち”のもの?」

平成28年4月29日千葉家庭裁判所松戸支部において、5年間娘の養育への妨害を受けてきた父親を親権者・監護権者とする判決が下されました。


【弁護士EYE】子の親権

【弁護士EYE】子の親権

離婚の際には、子の親権は、夫婦のどちらかに決めますが、その後、親権者の事情で親権を変更するためには、親権者変更の調停手続によらなくてはなりません。


【弁護士EYE】養育費の支払い

【弁護士EYE】養育費の支払い

離婚協議で決めた養育費が支払われなくて困っているという話はよく聞きますが、経験上、最初から全く払われないことはあまりありません。


【弁護士EYE】事実婚のメリットは

【弁護士EYE】事実婚のメリットは

事実婚のメリットとしては、成立するための手続(婚姻届の提出)が不要であり、また、解消する場合も手続(離婚手続)が不要という手続の簡易さにあるでしょう。


【弁護士EYE】財産を毀損することが正当化されることはあるの?

【弁護士EYE】財産を毀損することが正当化されることはあるの?

離婚問題がドロ沼化して、どんなに夫婦間の関係が悪化し、相手を傷つけるような言動があったとしても、法的には、相手に対し暴行を加えたり、その財産を毀損することが正当化されることはありません。


【弁護士EYE】離婚届提出

【弁護士EYE】離婚届提出

離婚交渉で離婚まで至っても、弁護士が離婚届提出まで依頼者とともに行うことはなかなかありません。


【弁護士EYE】男女の出会いを後押しするサービス

【弁護士EYE】男女の出会いを後押しするサービス

婚活ブームから始まり、昨今はマッチングアプリなど、男女の出会いを後押しするサービスが百花繚乱の様相を呈しています。


【弁護士EYE】重婚罪

【弁護士EYE】重婚罪

世界では一夫多妻制が認められている国もありますが、皆さんご存じの通り、日本では重婚は禁止され、民法第732条は「配偶者のある者は、重ねて婚姻をすることができない。」と規定しています。


【弁護士EYE】相手の病気

【弁護士EYE】相手の病気

介護等が嫌だから離婚したいという相談を受けることもあります。


【弁護士EYE】SNSが有効な証拠

【弁護士EYE】SNSが有効な証拠

男女間のトラブルにおいてSNSが非常に有効な証拠になることが増えています。


【弁護士EYE】離婚で大きく問題になることの一つ

【弁護士EYE】離婚で大きく問題になることの一つ

離婚に際して、大きく問題になることの一つとして、お金の問題があります。


【弁護士EYE】男女の違い

【弁護士EYE】男女の違い

男性が不倫をした場合と女性が不倫をした場合の法律上の違いはありません。


【弁護士EYE】相互に慰謝料請求ができること

【弁護士EYE】相互に慰謝料請求ができること

夫婦間において、相手が浮気したことを理由に自分も浮気した場合、相互に慰謝料請求ができることになります。


【弁護士EYE】離婚の兆候のある夫婦

【弁護士EYE】離婚の兆候のある夫婦

結婚当初から、いずれ離婚すると思って、婚姻届を提出する夫婦はほとんどいません。


【弁護士EYE】不幸でも離婚できない窮屈なイギリス

【弁護士EYE】不幸でも離婚できない窮屈なイギリス

イギリスと同じく日本も、惨めなくらい不幸であっても、法定の離婚事由が認められなければ、相手との合意なく離婚できません。


【弁護士EYE】男女関係においての「期間」

【弁護士EYE】男女関係においての「期間」

男女関係において「期間」はいろいろな場面で法的に意味を持つので重要です。


【弁護士EYE】裁判所での調停

【弁護士EYE】裁判所での調停

裁判所での調停等においては、どちらか一方が、離婚を求めているケースが通常ですので、裁判所が復縁を提案するというのは、あまり見られません。


【弁護士EYE】慰謝料請求に弁護士費用や探偵の費用なども請求できるのか

【弁護士EYE】慰謝料請求に弁護士費用や探偵の費用なども請求できるのか

不貞行為があった場合に慰謝料請求ができることは知られていますが、弁護士費用や探偵の費用なども請求してほしいという質問がよくなされます。


【弁護士EYE】婚活ブーム

【弁護士EYE】婚活ブーム

数年前から「街コン」や「婚活パーティー」など婚活ブームが騒がれ、同じく数年前から「文春砲」により不倫がにわかに世間の注目を集まって以降、弁護士として、男女関係のトラブルのご相談が今後増えるのでは?と思った記憶があります。