配偶者


【弁護士EYE】熟年再婚からみる相続問題

【弁護士EYE】熟年再婚からみる相続問題

熟年再婚で一番法律上問題となるのは、相続の問題です。


【弁護士EYE】不貞行為の判示

【弁護士EYE】不貞行為の判示

最高裁は、「不貞行為」とは「配偶者ある者が、自由な意思にもとづいて、配偶者以外の者と性的関係を結ぶこと」をいうと判示しています。


【弁護士EYE】プラトニックラブによる夫婦関係への影響

【弁護士EYE】プラトニックラブによる夫婦関係への影響

プラトニックラブは不倫として離婚訴訟の俎上に載るのか?


【弁護士EYE】配偶者からの暴力事案等の被害者・加害者に関する調査

【弁護士EYE】配偶者からの暴力事案等の被害者・加害者に関する調査

警察庁による、配偶者からの暴力事案等の被害者・加害者に関する調査によると、被害者の性別として、平成 24 年は、男性2,372人であるのに対し、女性41,578人であったのですが、平成28年は、男性10,496人であるのに対し、女性59,412人となり、加害者の女性の比率が増えています。


【弁護士EYE】 不貞行為が原因で離婚を考える

【弁護士EYE】 不貞行為が原因で離婚を考える

離婚原因の1つとして、不貞行為(「配偶者に不貞な行為があったとき。」(民法770条1号))があげられます。