不倫


高橋由美子、ラブホ白昼不倫

高橋由美子、ラブホ白昼不倫

女優の高橋由美子が妻子持ちの実業家と新宿歌舞伎町のラブホテルで白昼堂々と不倫したのを週刊文春に報じられた。


かつてのアイドルの明暗

かつてのアイドルの明暗

斉藤由貴と小泉今日子。


不倫でも愛人でもいいの

不倫でも愛人でもいいの

既婚者を好きになってしまった女性の9割近くは最後は諦めるという。


不倫で後悔

不倫で後悔

不倫は危険な“ゲーム”である。


【弁護士EYE】SNSから見える交友関係

【弁護士EYE】SNSから見える交友関係

妻が、夫が不倫をしたといった場合、不倫相手について知りたいと考えるのは、おかしなことではありません。


【弁護士EYE】警察官が不倫をした場合

【弁護士EYE】警察官が不倫をした場合

警察官といえども人間であるがゆえに不倫をしてしまうこともあるでしょう。


警察官も不倫する

警察官も不倫する

誰も不倫と無縁とは限らない。


不倫の代償

不倫の代償

今年4月に東大阪で妻の不倫に激昂し、暴行を加え死亡させ傷害致死の罪に問われた夫に対し、大阪地裁は懲役3年執行猶予5年の有罪判決を下した。


妻の不倫にプンプンならぬルイルイ?

妻の不倫にプンプンならぬルイルイ?

女優の藤吉久美子(56)が週刊誌に不倫疑惑を報じられた。妻子持ちで単身赴任のテレビプロデューサーとホテルで一夜を共にし、男のマンションにも出入り、合鍵まで持っていたという。限りなく黒に近い不倫疑惑だ。


不倫で離婚しても財産は私のもの?

不倫で離婚しても財産は私のもの?

「他に好きな人ができたから別れたい」


【弁護士EYE】不倫にもいろいろ

【弁護士EYE】不倫にもいろいろ

現在の刑法では、不倫そのものは罪とされていません。


F1レーサー佐藤琢磨、“結婚クラッシュ”

F1レーサー佐藤琢磨、“結婚クラッシュ”

F1レーサーの佐藤琢磨が週刊誌にフリーアナウンサーとの7年間にわたる不倫関係を暴かれた。


【弁護士EYE】プラトニックラブによる夫婦関係への影響

【弁護士EYE】プラトニックラブによる夫婦関係への影響

プラトニックラブは不倫として離婚訴訟の俎上に載るのか?


セカンドパートナー

セカンドパートナー

セカンドパートナー。 既婚者でありながら夫や妻以外の第二の存在をいう。不倫? プラトニックラブというらしいが……。


ウチ来る不倫

ウチ来る不倫

自宅に“連れ込み”不貞をはたらく。


【弁護士EYE】アンプラグドな不倫

【弁護士EYE】アンプラグドな不倫

現代の不倫は、すべて電子データによって裏付けされています。


不倫相手

不倫相手

女性誌やネットのアンケート、マーケットリサーチによる既婚女性の不倫のお相手についてである。


【弁護士EYE】不倫のリスク

【弁護士EYE】不倫のリスク

世間は不倫の話題が飛び交っていますが、結婚しているにも関わらず不倫してしまった人間は、結婚相手から離婚を突きつけられることはよくある話ですが、自分から結婚相手に離婚してほしいと請求できるのでしょうか。


不倫をする女は“純粋”

不倫をする女は“純粋”

不倫に走るような女はある意味“純粋”である。相手の下心を見抜けないわけだから。


【弁護士EYE】事実への視点

【弁護士EYE】事実への視点

野党第一党の女性政治家に不倫をしている疑いがあることが、先週号の週刊文春で取り上げられました。