家庭裁判所


【弁護士EYE】離婚の理由

【弁護士EYE】離婚の理由

離婚を求めるのは、男性からのものもありますが、平成27年度の司法統計年報によると、離婚を家庭裁判所に対して申立てた数は、妻からが47,908件、夫からが17,776件となっており、男性からの申立ては全体の4分の1程度です。


【弁護士EYE】弁護士への依頼

【弁護士EYE】弁護士への依頼

家庭裁判所での離婚調停に進んだ段階で、弁護士に依頼することを検討される方も多いです。


【弁護士EYE】円満調停で離婚に進むことが多い

【弁護士EYE】円満調停で離婚に進むことが多い

 離婚に向けての話し合いが家庭裁判所において行われる離婚調停という手続きがありますが、これとは逆に、夫婦関係の修復を目指す手続きとしての「円満調停」というものあります。


【弁護士EYE】調停の実情

【弁護士EYE】調停の実情

 離婚か否かで悩んでいる方がご相談に来られ、相手が離婚したいと言っているけど自分は離婚したくない場合などは、円満調停を起こすことがごくたまにあります。