パートナー


 【弁護士EYE】離婚話の切出し方とその決意の程度

【弁護士EYE】離婚話の切出し方とその決意の程度

離婚を考えた後に、どう離婚話を切り出すかを迷う場面としては、その決意の程度によって、完全に離婚以外の選択肢はないと考えている場合と、そうではなくやり直す余地もあり得る場合、という2つの場面があります。


【弁護士EYE】不貞発覚した後の慰謝料請求について

【弁護士EYE】不貞発覚した後の慰謝料請求について

不倫(不貞行為)が発覚したときには、すぐに離婚する夫婦もあり、また、不倫相手とはきちんと別れてパートナーのところに戻る、逆に、その不倫相手と再婚することになる等、色々なパターンがあります。


千葉市、同性事実婚を認定へ

千葉市、同性事実婚を認定へ

千葉市は、同性同士や事実婚など多様なカップルを夫婦と同じ「パートナー」と公的に認める制度を来年4月から導入するという。


【弁護士EYE】事実婚のメリットは

【弁護士EYE】事実婚のメリットは

事実婚のメリットとしては、成立するための手続(婚姻届の提出)が不要であり、また、解消する場合も手続(離婚手続)が不要という手続の簡易さにあるでしょう。


【弁護士EYE】パートナーの期待値

【弁護士EYE】パートナーの期待値

例えばパートナーの不貞行為が発覚したので離婚したい、というご相談を受けるとき、ひどく感情的かつ悲壮的なご相談者と冷静で淡々としているご相談者の2つのパターンがあります。