夫婦


【弁護士EYE】男女の認識の違い

【弁護士EYE】男女の認識の違い

夫婦喧嘩はどの夫婦にもつきものだと思いますが、離婚相談に乗っていて、男女の認識の違いを感じることがあります。


【弁護士EYE】偽装離婚

【弁護士EYE】偽装離婚

本当は夫婦関係を続ける意思があるのに、離婚手続きをする場合はあるのでしょうか。


 【弁護士EYE】夫婦と言葉

【弁護士EYE】夫婦と言葉

日々の人間関係は、時間が経てば経つほど、相手が自分のことを理解してくれているだろうという推測のもと、言葉が省略されていく傾向にあります。


【弁護士EYE】夫婦の間でも多少の秘密

【弁護士EYE】夫婦の間でも多少の秘密

夫婦の間でも多少の秘密も…というのは良くあることですが、その内容によっては、バレてしまった場合に離婚を決心されてしまう、ということがあります。


妻にこれをされたら即離婚

妻にこれをされたら即離婚

夫婦にとって浮気はタブーである。


【弁護士EYE】不貞発覚した後の慰謝料請求について

【弁護士EYE】不貞発覚した後の慰謝料請求について

不倫(不貞行為)が発覚したときには、すぐに離婚する夫婦もあり、また、不倫相手とはきちんと別れてパートナーのところに戻る、逆に、その不倫相手と再婚することになる等、色々なパターンがあります。


【弁護士EYE】再婚からのトラブル

【弁護士EYE】再婚からのトラブル

厚生労働省の調査によると、再婚件数は、夫妻とも再婚の場合と夫婦どちらか一方が再婚の場合を合わせると、全婚姻件数の約4分の1を占めています。夫婦別にみると、平成27年(2015年)の「全婚姻件数に対する再婚件数の割合」は夫19.7%、妻16.8%となっています。


事実婚は居心地がいい?

事実婚は居心地がいい?

事実婚。お互いが夫婦であるという意思を持ち、同居し生計を同じくする関係をいう。


千葉市、同性事実婚を認定へ

千葉市、同性事実婚を認定へ

千葉市は、同性同士や事実婚など多様なカップルを夫婦と同じ「パートナー」と公的に認める制度を来年4月から導入するという。


【弁護士EYE】離婚の兆候のある夫婦

【弁護士EYE】離婚の兆候のある夫婦

結婚当初から、いずれ離婚すると思って、婚姻届を提出する夫婦はほとんどいません。


【弁護士EYE】金の切れ目が縁の切れ目

【弁護士EYE】金の切れ目が縁の切れ目

夫婦の一方が無断で多額の借金を重ねて浪費を行うことは、「婚姻を継続し難い重大な事由」と認められ、裁判で離婚が認められる場合があります。


【弁護士EYE】夫婦で不動産を買っている場合の処理

【弁護士EYE】夫婦で不動産を買っている場合の処理

離婚する際によく問題になるのが、夫婦で不動産を買っている場合の処理です。


【弁護士EYE】雑談が大事

【弁護士EYE】雑談が大事

雑談が大事というのは何も夫婦に限ったことではなく、弁護士と依頼者にも求められます。


抱いて欲しいと言えない人へ

抱いて欲しいと言えない人へ

夫婦になっても女性の方からは、「ねえ、○○○」となかなか言えないもの。


やり直しがきく夫婦、きかない夫婦

やり直しがきく夫婦、きかない夫婦

長い間、夫婦をやっていると一度や二度は別れようと思ったことはあるといわれる。元の鞘におさまるか、そのまま離婚までいってしまうか。キーワードは日常会話にあった。