lawyerseye さんが 2019/04/18 に更新
【弁護士EYE】離婚する際の養育費の問題

【弁護士EYE】離婚する際の養育費の問題

さまざまな理由で離婚をしたいと思っているが、どうしても離婚の話を切り出せない、という相談のほとんどは、子供がいて離婚後の経済的事情に不安を抱えているという女性です。その一因として、養育費の問題があると感じています。

離婚 養育費 経済的不安 問題

 つまり、養育費の金額、そしてその支払い確保という2点において、現状では問題があると考えられます。
 養育費の金額について、多くの家庭裁判所で採用されている算定方法では、どうしても子供を引き取って育てる妻側には不十分な金額となってしまいます。さらに、元々不十分と考えられる金額からも、相手の言い分を聞き、早く離婚することを優先させて、減額を認めてしまうことがあります。
 養育費を定めたとしてもその半分のケースで、途中で支払いが止まってしまうという調査結果もあり、養育費の支払い確保も重要です。家庭裁判所での手続きで養育費を定めたり、公正証書を作成したりすれば、給与や預金を差し押さえることができますが、勤め先や銀行口座が分からなくなると、現実的に差し押さえをすることが困難になるからです。
 法改正も含めて、離婚した子持ち女性の現状に対する変化が求められています。

<Riconsodan弁護士>

この記事のライター

関連する投稿


産後離婚

産後離婚

仲の良かった夫婦が出産を機に……産後クライシスが離婚の引き金になっている。


【弁護士EYE】子育てと離婚

【弁護士EYE】子育てと離婚

結婚をして出産をし、仕事復帰をする女性の多くが、仕事と子育ての両立に悩んでいます。保育園の待機児童問題などは、大きな社会問題ともなっています。


養育費は安すぎる

養育費は安すぎる

離婚はしたが、その後の生活は……。


離婚によって生じる権利の行方

離婚によって生じる権利の行方

慰謝料、財産分与、親権……。離婚時に争われる法的権利である。


【弁護士EYE】離婚までのカウントダウン

【弁護士EYE】離婚までのカウントダウン

夫の浮気を理由に離婚をしたい…といった相談を受けるときに、それが初めて発覚した浮気であり、問答無用で離婚を決意した、といったパターンはあまりないという感覚があります。


最新の投稿


産後離婚

産後離婚

仲の良かった夫婦が出産を機に……産後クライシスが離婚の引き金になっている。


【弁護士EYE】熟年再婚からみる相続問題

【弁護士EYE】熟年再婚からみる相続問題

熟年再婚で一番法律上問題となるのは、相続の問題です。


“死後離婚”って?

“死後離婚”って?

配偶者が亡くなると、イコール離婚か?


【弁護士EYE】子育てと離婚

【弁護士EYE】子育てと離婚

結婚をして出産をし、仕事復帰をする女性の多くが、仕事と子育ての両立に悩んでいます。保育園の待機児童問題などは、大きな社会問題ともなっています。


養育費は安すぎる

養育費は安すぎる

離婚はしたが、その後の生活は……。