admin さんが 2019/05/16 に更新
養育費は安すぎる

養育費は安すぎる

離婚はしたが、その後の生活は……。

養育費 離婚 その後の生活 経済的不安 トラブル

 経済的不安は尽きない。中でも養育費である。裁判で金額が決定されても、いざ支払いの段階になると実行されないトラブルは後を絶たない。そもそも、金額自体が少なく、母子家庭の貧困の一因ともなっている。
 日弁連は養育費の算定方式を見直した。新しい方式によると、これまでの1.5倍程度に引き上げられるという。
 しかし、支払いが誠実に実行されなければ、引き上げられても意味がない。法務省も負けじと乗り出した。養育費の未払いや滞納の“逃げ得”を許すまいと、強制執行の際に債務者の預貯金口座を特定しやすくする仕組み作りに取り組み始めたのだ。
 他、思いつきで恐縮だが、“離婚税”なんて新しい税金はどうか?
 こうなれば、身勝手な離婚で相手を傷つけるトラブルも減るのでは。

<R記者>

この記事のライター

関連する投稿


“DNA離婚”って?

“DNA離婚”って?

実際、こんな称号の離婚があるかどうかはわからないが、DNA鑑定が原因で離婚にいたったケースがある。


【弁護士EYE】嫁姑問題

【弁護士EYE】嫁姑問題

いわゆる嫁姑問題は、離婚のきっかけになるだけでなく、離婚手続においても表面化します。


離婚も結婚も金次第?

離婚も結婚も金次第?

離婚の大きな原因の一つに「お金」にまつわることがある。夫の浪費癖や借金苦、生活費を入れてくれない等々だ。


【弁護士EYE】シングルマザーの再婚と養育費

【弁護士EYE】シングルマザーの再婚と養育費

元夫から養育費を受け取っているシングルマザーが再婚したとき、その養育費の取り扱いはどのようになるでしょうか。


【弁護士EYE】得をする離婚と損をする離婚

【弁護士EYE】得をする離婚と損をする離婚

離婚時の財産分与はそれまでに二人で築いた資産を平等に分けるという手続きになります。


最新の投稿


【弁護士EYE】家事の分担

【弁護士EYE】家事の分担

結婚後、夫が思うように家事を分担してくれなかったから離婚したいという例は、少ないながらもあります。


妻を不幸にするこんな夫にご用心

妻を不幸にするこんな夫にご用心

要するに、全然楽しくない男である。


 【弁護士EYE】夫婦と言葉

【弁護士EYE】夫婦と言葉

日々の人間関係は、時間が経てば経つほど、相手が自分のことを理解してくれているだろうという推測のもと、言葉が省略されていく傾向にあります。


“DNA離婚”って?

“DNA離婚”って?

実際、こんな称号の離婚があるかどうかはわからないが、DNA鑑定が原因で離婚にいたったケースがある。


【弁護士EYE】嫁姑問題

【弁護士EYE】嫁姑問題

いわゆる嫁姑問題は、離婚のきっかけになるだけでなく、離婚手続においても表面化します。