admin さんが 2019/05/16 に更新
養育費は安すぎる

養育費は安すぎる

離婚はしたが、その後の生活は……。

養育費 離婚 その後の生活 経済的不安 トラブル

 経済的不安は尽きない。中でも養育費である。裁判で金額が決定されても、いざ支払いの段階になると実行されないトラブルは後を絶たない。そもそも、金額自体が少なく、母子家庭の貧困の一因ともなっている。
 日弁連は養育費の算定方式を見直した。新しい方式によると、これまでの1.5倍程度に引き上げられるという。
 しかし、支払いが誠実に実行されなければ、引き上げられても意味がない。法務省も負けじと乗り出した。養育費の未払いや滞納の“逃げ得”を許すまいと、強制執行の際に債務者の預貯金口座を特定しやすくする仕組み作りに取り組み始めたのだ。
 他、思いつきで恐縮だが、“離婚税”なんて新しい税金はどうか?
 こうなれば、身勝手な離婚で相手を傷つけるトラブルも減るのでは。

<R記者>

この記事のライター

関連する投稿


産後離婚

産後離婚

仲の良かった夫婦が出産を機に……産後クライシスが離婚の引き金になっている。


【弁護士EYE】子育てと離婚

【弁護士EYE】子育てと離婚

結婚をして出産をし、仕事復帰をする女性の多くが、仕事と子育ての両立に悩んでいます。保育園の待機児童問題などは、大きな社会問題ともなっています。


離婚によって生じる権利の行方

離婚によって生じる権利の行方

慰謝料、財産分与、親権……。離婚時に争われる法的権利である。


【弁護士EYE】離婚までのカウントダウン

【弁護士EYE】離婚までのカウントダウン

夫の浮気を理由に離婚をしたい…といった相談を受けるときに、それが初めて発覚した浮気であり、問答無用で離婚を決意した、といったパターンはあまりないという感覚があります。


離婚につながるやってはいけない3つ

離婚につながるやってはいけない3つ

離婚には必ず理由がある。


最新の投稿


産後離婚

産後離婚

仲の良かった夫婦が出産を機に……産後クライシスが離婚の引き金になっている。


【弁護士EYE】熟年再婚からみる相続問題

【弁護士EYE】熟年再婚からみる相続問題

熟年再婚で一番法律上問題となるのは、相続の問題です。


“死後離婚”って?

“死後離婚”って?

配偶者が亡くなると、イコール離婚か?


【弁護士EYE】子育てと離婚

【弁護士EYE】子育てと離婚

結婚をして出産をし、仕事復帰をする女性の多くが、仕事と子育ての両立に悩んでいます。保育園の待機児童問題などは、大きな社会問題ともなっています。


【弁護士EYE】結婚相手を選ぶ優先度

【弁護士EYE】結婚相手を選ぶ優先度

男性にとっても女性にとっても、結婚相手の料理が美味しいことほど幸せなことはありません。