admin さんが 2019/05/10 に更新
離婚につながるやってはいけない3つ

離婚につながるやってはいけない3つ

離婚には必ず理由がある。

離婚 理由

 お互い好きで結婚したわけだが、それが覆る何かがあり、嫌いになってしまった時、ただ嫌いになってもそのまま生活を続けるケースもあるが、もう一緒にいたくないとまで言わしめ、離婚につながるケースもある。
「専業主婦は家事を完璧にこなして当然」
 こう夫が信じ込み妻に求めたら、夫婦の間に溝ができてもおかしくない。今や、家事は女だけのものではないのだ。
「男は子供ができたら早く帰宅するものだ」
 こう妻が信じ込み夫に求めても、夫婦の間に溝はできると考えられる。あくまでも、オメデタは個人的事情で、男は仕事上の付き合いや慣習をそう簡単に変えられるものではないのだ。
「お互い『自分の方が大変』と思っている」
 夫婦は貸し借りの関係ではなく、持ちつ持たれつが原則である。お互いにリスペクトすることが円満の絶対条件であることを忘れてはならない。
 この3つを理解し心がけたら、離婚とは無縁となるはずである。

<R記者>

この記事のライター

関連する投稿


産後離婚

産後離婚

仲の良かった夫婦が出産を機に……産後クライシスが離婚の引き金になっている。


【弁護士EYE】子育てと離婚

【弁護士EYE】子育てと離婚

結婚をして出産をし、仕事復帰をする女性の多くが、仕事と子育ての両立に悩んでいます。保育園の待機児童問題などは、大きな社会問題ともなっています。


養育費は安すぎる

養育費は安すぎる

離婚はしたが、その後の生活は……。


離婚によって生じる権利の行方

離婚によって生じる権利の行方

慰謝料、財産分与、親権……。離婚時に争われる法的権利である。


【弁護士EYE】離婚までのカウントダウン

【弁護士EYE】離婚までのカウントダウン

夫の浮気を理由に離婚をしたい…といった相談を受けるときに、それが初めて発覚した浮気であり、問答無用で離婚を決意した、といったパターンはあまりないという感覚があります。


最新の投稿


産後離婚

産後離婚

仲の良かった夫婦が出産を機に……産後クライシスが離婚の引き金になっている。


【弁護士EYE】熟年再婚からみる相続問題

【弁護士EYE】熟年再婚からみる相続問題

熟年再婚で一番法律上問題となるのは、相続の問題です。


“死後離婚”って?

“死後離婚”って?

配偶者が亡くなると、イコール離婚か?


【弁護士EYE】子育てと離婚

【弁護士EYE】子育てと離婚

結婚をして出産をし、仕事復帰をする女性の多くが、仕事と子育ての両立に悩んでいます。保育園の待機児童問題などは、大きな社会問題ともなっています。


養育費は安すぎる

養育費は安すぎる

離婚はしたが、その後の生活は……。