admin さんが 2019/05/08 に更新
通勤時間が長いと離婚率がアップする

通勤時間が長いと離婚率がアップする

アメリカでの調査によると、通勤時間と離婚率に相関関係があるという。

アメリカ 離婚率 通勤時間 相関関係

 アメリカでは通勤に45分以上を要すると、離婚率が40%高まるというのだ。つまり、長時間通勤はパートナーや子供との大切な時間を奪う消費ではなく浪費で、平和な家庭を脅かしかねないと。共働きの場合だと、夫は子育てや家事への負担をさらに強いられる。長時間の上に交通渋滞や遅れも伴うと、行き場のないストレスは家庭内に持ち込まれる。その結果が40%離婚率アップである。
 たとえば、時給が2ドル上がったところで、1時間も余計に時間がかかるようでは幸せとはいえない。アメリカでの1時間の通勤は40%の給料アップと同じ価値をもつのだ。
 ちなみに、都内で通勤に1時間をかけるのは珍しいことではない。中には郊外に一戸建てを構え、新幹線通勤をする人もいる。あくまでもやむを得ぬ事情であり、その人なりの考え方であり、家計に則した生活であり、日本人は辛抱強く、45分程度の通勤時間でそう簡単に別れないと思うが。

<R記者>

この記事のライター

関連する投稿


家事を分担する夫婦は離婚率が高い

家事を分担する夫婦は離婚率が高い

今や家事は女性だけがする時代ではなくなった。共稼ぎ夫婦に限らず、朝のゴミ出しや風呂掃除など、夫が担っている家庭は少なくないだろう。イクメンも少なからず微増しているわけだから。


トランプ大統領の嘘

トランプ大統領の嘘

アメリカのトランプ大統領は言わずと知れた大富豪である。


浮気されたら?

浮気されたら?

アメリカの心理学者が浮気をされた経験のある100人に対し、興味深い調査を行った。


愛の物差し~ボッサードの法則

愛の物差し~ボッサードの法則

アメリカの心理学者ボッサードによると、男女間の物理的な距離が近いほど心理的距離も縮まるという。


スピード婚の離婚率は高いが……

スピード婚の離婚率は高いが……

若い人に限らず、恋が一気に燃え上がり、そのままゴールというスピード婚がある。


最新の投稿


【弁護士EYE】家事の分担

【弁護士EYE】家事の分担

結婚後、夫が思うように家事を分担してくれなかったから離婚したいという例は、少ないながらもあります。


妻を不幸にするこんな夫にご用心

妻を不幸にするこんな夫にご用心

要するに、全然楽しくない男である。


 【弁護士EYE】夫婦と言葉

【弁護士EYE】夫婦と言葉

日々の人間関係は、時間が経てば経つほど、相手が自分のことを理解してくれているだろうという推測のもと、言葉が省略されていく傾向にあります。


“DNA離婚”って?

“DNA離婚”って?

実際、こんな称号の離婚があるかどうかはわからないが、DNA鑑定が原因で離婚にいたったケースがある。


【弁護士EYE】嫁姑問題

【弁護士EYE】嫁姑問題

いわゆる嫁姑問題は、離婚のきっかけになるだけでなく、離婚手続においても表面化します。