admin さんが 2019/04/17 に更新
こんな女性とは離婚した方がいい

こんな女性とは離婚した方がいい

女性からの離婚への提案理由の中に浮気と暴力がある。いうまでもなく、夫婦関係だけでなく子供をも巻き込み、家庭崩壊にまで至らしめる重大な行為であり、離婚理由に十分に値するものである。

離婚理由 夫婦関係 家庭崩壊

 しかし、浮気や暴力は加害者が必ずしも男性に限ったものではなく、昨今、“男勝り”な女性もいるようだ。加えて離婚にまで及ぶ女性の理不尽な行為もなかなかである。
 「夫より稼ぎが多いことを自慢する」、「子供がほしくないという」、「家事を一切しない」等々。違法性はまったくないが、男姓にとっては程度や状況によっては耐え難い思いにかられる。それでも、男性社会では「この程度のことで」と以前は我慢し、離婚など考えたこともなかったが、今はそうはいかないという。離婚を切り出すのは圧倒的に女性側からだが、女性の社会進出が始まるに乗じ、悪い意味で“男勝り”も増えたのか、それへのしっぺ返しか、男性側の離婚訴訟も黙っていない。

<R記者>

この記事のライター

関連する投稿


ガン発見で離婚?

ガン発見で離婚?

ある日突然、「ガン」と告知されたら?


浮気と不倫の違い

浮気と不倫の違い

離婚理由の大きな理由の一つに不貞行為がある。つまり、浮気、いや不倫……? 言葉の問題だがそもそも浮気と不倫の違いとは?


【弁護士EYE】財産を毀損することが正当化されることはあるの?

【弁護士EYE】財産を毀損することが正当化されることはあるの?

離婚問題がドロ沼化して、どんなに夫婦間の関係が悪化し、相手を傷つけるような言動があったとしても、法的には、相手に対し暴行を加えたり、その財産を毀損することが正当化されることはありません。


パチンコ依存症で借金まみれでも……

パチンコ依存症で借金まみれでも……

離婚理由の大きな1つに金銭トラブルがある。


意外に多い40代女性の離婚

意外に多い40代女性の離婚

最近は熟年離婚が目立ってきているが、とはいえ、昔も今も若い層の離婚件数が多いことには変わりがない。


最新の投稿


産後離婚

産後離婚

仲の良かった夫婦が出産を機に……産後クライシスが離婚の引き金になっている。


【弁護士EYE】熟年再婚からみる相続問題

【弁護士EYE】熟年再婚からみる相続問題

熟年再婚で一番法律上問題となるのは、相続の問題です。


“死後離婚”って?

“死後離婚”って?

配偶者が亡くなると、イコール離婚か?


【弁護士EYE】子育てと離婚

【弁護士EYE】子育てと離婚

結婚をして出産をし、仕事復帰をする女性の多くが、仕事と子育ての両立に悩んでいます。保育園の待機児童問題などは、大きな社会問題ともなっています。


養育費は安すぎる

養育費は安すぎる

離婚はしたが、その後の生活は……。