admin さんが 2019/04/11 に更新
離婚につながる虫の知らせ

離婚につながる虫の知らせ

離婚はある日突然、やっては来ない。必ず“危険”を知らせる兆候があるものだ。

離婚 虫の知らせ 兆候 ある日突然

 たとえば、離婚には季節があるという。夏休み後だ。休暇を利用し、ふだんの夫婦のコミュニケーション不足を補おうとするも、長時間一緒にいることは付け焼き刃でしかなく、逆効果になるケースが少なくない。夫婦の場合、ひと夏のロマンとはいかないのだ。
 結婚式を盛大にやった夫婦も要注意だ。式自体が結婚生活の“ゴール”と錯覚し、本来、翌日から愛を深めていくはずがなおざりになり、気がつけば……。
 どちらか一方でも通勤時間が長いのも危険な兆候である。知らぬ間に溜まったストレスが二人の間に入り込んでくるのである。
 如何ともし難いことだが、一人息子よりも一人娘を持つ夫婦、5歳以上の年の差婚も離婚注意報が出ているから当事者は心すべし。
 最近ではSNSにまつわるものだ。SNSの利用時間が長いカップルは喧嘩が絶えず、SNSが離婚への起爆剤となる。誰もが離婚危機と隣り合わせであることを忘れないでほしい。

<R記者>

この記事のライター

関連する投稿


【弁護士EYE】離婚する際の養育費の問題

【弁護士EYE】離婚する際の養育費の問題

さまざまな理由で離婚をしたいと思っているが、どうしても離婚の話を切り出せない、という相談のほとんどは、子供がいて離婚後の経済的事情に不安を抱えているという女性です。その一因として、養育費の問題があると感じています。


離婚後にもトラブルは待っている

離婚後にもトラブルは待っている

離婚自体が重大なトラブルである。


【弁護士EYE】ガンが理由で離婚はできるのか?

【弁護士EYE】ガンが理由で離婚はできるのか?

癌になったら離婚できる?日本でそんな理不尽な判断がなされることはありえません。


【弁護士EYE】見栄えや身体的変化を理由に離婚できるのか

【弁護士EYE】見栄えや身体的変化を理由に離婚できるのか

見栄えや身体的変化を理由に離婚できるのか。


【弁護士EYE】裕福層の離婚の場合

【弁護士EYE】裕福層の離婚の場合

富裕層の離婚の場合、あくまで私見ですが、二つのパターンに分類できます。


最新の投稿


【弁護士EYE】その言葉は本当に流行っているのか

【弁護士EYE】その言葉は本当に流行っているのか

弁護士として夫婦関係の案件を扱っている中で、メディア関係の方から「●●って流行っていると聞きましたが、実際の案件を通して聞いたことはありますか?」という質問を最近よく受けます。


「夫が浮気したら、アナタはどうする?」

「夫が浮気したら、アナタはどうする?」

夫が浮気したら?


【弁護士EYE】離婚する際の養育費の問題

【弁護士EYE】離婚する際の養育費の問題

さまざまな理由で離婚をしたいと思っているが、どうしても離婚の話を切り出せない、という相談のほとんどは、子供がいて離婚後の経済的事情に不安を抱えているという女性です。その一因として、養育費の問題があると感じています。


こんな女性とは離婚した方がいい

こんな女性とは離婚した方がいい

女性からの離婚への提案理由の中に浮気と暴力がある。いうまでもなく、夫婦関係だけでなく子供をも巻き込み、家庭崩壊にまで至らしめる重大な行為であり、離婚理由に十分に値するものである。


【弁護士EYE】余命宣告をされてからの身辺整理

【弁護士EYE】余命宣告をされてからの身辺整理

もし余命を宣告されたら、残される家族のため、自分自身のために、自らの身辺を整理したいと考える方が多いと思います。