admin さんが 2019/04/05 に更新
夫婦に離婚危機は3回やって来る

夫婦に離婚危機は3回やって来る

3組に1組が離婚する時代に入った。

3組に1組が離婚する 夫婦に離婚危機は3回 嫁姑問題 夫が生活費を入れてくれない(少ない) 夫からのモラハラ

 しかし、その割に既婚女性の半数は一度も離婚を考えたことがないという。
 とはいっても、5人に1人は4回以上も離婚を意識したことがあるというデータもあるから、放ってはおけない問題意識である。
 離婚したいと感じる時の理由の一つに、「夫が生活費を入れてくれない(少ない)」があるが、説明の余地はない。「嫁姑問題」も大きな理由に上げられ、夫婦の愛情とは別次元ながら離婚危機の重要な起爆剤になっている。そして、最も大きな理由が「夫からのモラハラ」だ。ほとんどが夫に自覚がなく、妻は夫からの仕打ちに我慢するだけで、その都度離婚への思いを強くしているというのだ。
 たとえ離婚危機に陥っても、経済的事情や世間体、また子供の存在から思い止まる人も少なくないが、我慢を続ける前に勇気を持って本音で話し合うことが大切である。でも、相手に自覚がないならば馬の耳に念仏か。

この記事のライター

関連する投稿


夫婦喧嘩の絶えない家庭

夫婦喧嘩の絶えない家庭

夫婦喧嘩には必ず理由がある。


【弁護士EYE】嫁姑問題

【弁護士EYE】嫁姑問題

いわゆる嫁姑問題は、離婚のきっかけになるだけでなく、離婚手続においても表面化します。


夫婦に離婚危機は3回やって来る

夫婦に離婚危機は3回やって来る

3組に1組が離婚する時代に入った。


離婚は結婚生活の一つの通信簿

離婚は結婚生活の一つの通信簿

 「もうアンタの顔なんて見たくもない!」一時の感情の高まりで離婚を匂わす捨て台詞を吐くことはあるだろう。


嫁姑問題は未来永劫のテーマ 〜 布施博と古村比呂の場合 〜

嫁姑問題は未来永劫のテーマ 〜 布施博と古村比呂の場合 〜

親をとるか女房をとるかと言われたら? 両者への愛情を秤にかけるとはナンセンスな話かもしれない。そもそも、まったく性質を異にする愛情であり、比べることはできないはずだ。とはいえ、嫁姑問題は広い意味でその類かもしれない。


最新の投稿


卒業アルバムでわかる離婚の可能性

卒業アルバムでわかる離婚の可能性

笑顏は大切である。


【弁護士EYE】離婚したいという妻が少く感じる理由

【弁護士EYE】離婚したいという妻が少く感じる理由

夫が出世したり社会的に成功したりしたから、自分を見てくれなくなったと言って離婚相談にする女性は、経験上少ないように思います。


妻にこれをされたら即離婚

妻にこれをされたら即離婚

夫婦にとって浮気はタブーである。


 【弁護士EYE】一度ご自身で同種の経験がある方は格別

【弁護士EYE】一度ご自身で同種の経験がある方は格別

最近の個人のご相談者は、相談前にインターネットで調べてくるため、相談の時点で、かなり法的知識をお持ちです。


夫の不倫の原因は妻にも……

夫の不倫の原因は妻にも……

まず、ここでは生来の“女好き”な亭主は、ビョーキとして無視する。