riconsodan さんが 2019/05/14 に更新
離婚によって生じる権利の行方

離婚によって生じる権利の行方

慰謝料、財産分与、親権……。離婚時に争われる法的権利である。

離婚 法的権利 慰謝料 親権 財産分与

愛情の冷めた二人にとって、これらの権利をいかに自分に有利に勝ち取るか。それが離婚の法的代償である。
 しかし、離婚経験者にいわせると、「離婚は心身ともに物凄いエネルギーを浪費する。お金も時間も」と。
「もう二度とあんな馬鹿げたことをしたくない」とも。
 つまり、当事者はそんな追い込まれた中で協議を行い、諸々の約束を法的にかわしていくわけだが、あとで冷静に考えると、「しまった!」とか「不平等だ!」ということが起こりうる。あとの祭り……、ではない。
 離婚決定後も2年間は、たとえば財産分与を請求できるのだ。子供の利益を考えたら、親権の変更だってできるのである。
 離婚に際して、「泣き寝入り」と悔やむ声を聞くことがあるが、離婚後も法的猶予を利用し、弁護士に相談するのがいい。離婚は心の問題であると同時に、法律の問題であることも忘れてはならない。

<R記者>

この記事のライター

関連する投稿


産後離婚

産後離婚

仲の良かった夫婦が出産を機に……産後クライシスが離婚の引き金になっている。


【弁護士EYE】子育てと離婚

【弁護士EYE】子育てと離婚

結婚をして出産をし、仕事復帰をする女性の多くが、仕事と子育ての両立に悩んでいます。保育園の待機児童問題などは、大きな社会問題ともなっています。


養育費は安すぎる

養育費は安すぎる

離婚はしたが、その後の生活は……。


【弁護士EYE】離婚までのカウントダウン

【弁護士EYE】離婚までのカウントダウン

夫の浮気を理由に離婚をしたい…といった相談を受けるときに、それが初めて発覚した浮気であり、問答無用で離婚を決意した、といったパターンはあまりないという感覚があります。


離婚につながるやってはいけない3つ

離婚につながるやってはいけない3つ

離婚には必ず理由がある。


最新の投稿


産後離婚

産後離婚

仲の良かった夫婦が出産を機に……産後クライシスが離婚の引き金になっている。


【弁護士EYE】熟年再婚からみる相続問題

【弁護士EYE】熟年再婚からみる相続問題

熟年再婚で一番法律上問題となるのは、相続の問題です。


“死後離婚”って?

“死後離婚”って?

配偶者が亡くなると、イコール離婚か?


【弁護士EYE】子育てと離婚

【弁護士EYE】子育てと離婚

結婚をして出産をし、仕事復帰をする女性の多くが、仕事と子育ての両立に悩んでいます。保育園の待機児童問題などは、大きな社会問題ともなっています。


養育費は安すぎる

養育費は安すぎる

離婚はしたが、その後の生活は……。