riconsodan さんが 2019/03/25 に更新
不倫関係と愛人関係

不倫関係と愛人関係

「不倫」は配偶者以外の異性と肉体関係を持つことで、法的には「不貞行為」という。

不倫関係 愛人関係 不貞行為

「不貞行為」は離婚にとって大きな理由の一つであることはいうまでもない。
 ならば、配偶者以外の異性と「愛人関係」を持った場合はどうなるのだろうか?
「愛人関係」とはここでは金銭を伴った、お金で割り切った男女関係をいう。たとえば、月に二回会ってセックスをする。その対価として30万円を支払う契約をした場合、これも部下である女子社員と不倫をするのと法的には同様の扱いになるのだろうか?
「妻とは別れて君と結婚する」などの甘い囁きはなく、即物的で性的衝動を満たすだけの行為だけが目的なのだが。又、風俗通いは? 女性の場合でいうと、生活費補助のために愛人クラブに登録し売春行為をしたり、出会い系サイトでの援助交際は?
 要するに、配偶者以外の異性とのセックスはいかなる理由があろうとも“同罪”に値するのだろうか? 愚問であることは重々承知だが、素朴な独り言である。

<R記者>

この記事のライター

関連する投稿


【弁護士EYE】不貞行為について

【弁護士EYE】不貞行為について

不貞行為、いわゆる浮気については、大きく分けて二つあります。一つは、特定の相手と継続的な関係を持つケース、もう一つは不特定多数と非継続的な関係を持つケースです。


【弁護士EYE】不貞行為の判示

【弁護士EYE】不貞行為の判示

最高裁は、「不貞行為」とは「配偶者ある者が、自由な意思にもとづいて、配偶者以外の者と性的関係を結ぶこと」をいうと判示しています。


浮気と不倫の違い

浮気と不倫の違い

離婚理由の大きな理由の一つに不貞行為がある。つまり、浮気、いや不倫……? 言葉の問題だがそもそも浮気と不倫の違いとは?


【弁護士EYE】不貞行為の相手方を訴えるためには

【弁護士EYE】不貞行為の相手方を訴えるためには

「不貞行為の相手方を訴えるためには」


【弁護士EYE】 不貞行為が原因で離婚を考える

【弁護士EYE】 不貞行為が原因で離婚を考える

離婚原因の1つとして、不貞行為(「配偶者に不貞な行為があったとき。」(民法770条1号))があげられます。


最新の投稿


【弁護士EYE】男女の認識の違い

【弁護士EYE】男女の認識の違い

夫婦喧嘩はどの夫婦にもつきものだと思いますが、離婚相談に乗っていて、男女の認識の違いを感じることがあります。


結婚すると思っていた相手から突然…

結婚すると思っていた相手から突然…

「女心と秋の空」と、女性の気持ちの移り気を表す言葉があるが、男性も?


【弁護士EYE】男女の生活と意識に関する調査

【弁護士EYE】男女の生活と意識に関する調査

一般社団法人日本家族計画協会の「男女の生活と意識に関する調査」によると、


男からドン引きされるNG行為

男からドン引きされるNG行為

いかにルックスが良くても、男にはそんなことなどどうでもいいというくらいドン引きする女のNGがある


【弁護士EYE】慰謝料の金額

【弁護士EYE】慰謝料の金額

夫が不倫したとして慰謝料のご相談をいただく場合に、よくある誤解を一つご紹介します。それは慰謝料の金額についてです。