riconsodan さんが 2019/02/25 に更新
浮気と不倫の違い

浮気と不倫の違い

離婚理由の大きな理由の一つに不貞行為がある。つまり、浮気、いや不倫……? 言葉の問題だがそもそも浮気と不倫の違いとは?

不倫 浮気 違い 不貞行為 離婚理由

「浮気」は民法上の定義では“特定の相手と不貞行為を繰り返すこと”とある。ここでいう不貞行為とは、男女間の性交渉である。単なる男女の密会は浮気とはいえないようだ。
「不倫」は、配偶者を持つ個人が配偶者以外と肉体関係を伴う交際を持つことという。いわゆる“禁断の愛”というやつで、字面から倫理にもとる行為である。
 双方とも「性行為」を介する関係であり、何が違うのか?
 軽いノリの、大人の火遊びが「浮気」で、これは既婚者間にも恋人同士にも適用され、一方の「不倫」は既婚者に限った交際で本気度が高い関係ということか。
 とはいえ、キスどころか人によっては手を いだり、親しそうに話しただけでも「浮気だ不倫だ」と感情的になる人もいる。
 百人百様、夫婦もそれぞれである。
 ちなみに、10代20代の女性の6割強が浮気経験あり、浮気願望は7割だとか。不倫となるとそれは下がるようで、若い女性は火遊びがお好きなようだ。

<R記者>

この記事のライター

関連する投稿


【弁護士EYE】離婚への決意

【弁護士EYE】離婚への決意

離婚のご相談の契機は大きく分けて二つあるように思います。一つは、浮気や借金が発覚したなど突発的な事情で離婚を決意する場合、もう一つは、長年離婚を考えた末に定年退職や子の成人を契機に離婚を決意する場合です。


【弁護士EYE】不貞行為の判示

【弁護士EYE】不貞行為の判示

最高裁は、「不貞行為」とは「配偶者ある者が、自由な意思にもとづいて、配偶者以外の者と性的関係を結ぶこと」をいうと判示しています。


【弁護士EYE】不貞行為の相手方を訴えるためには

【弁護士EYE】不貞行為の相手方を訴えるためには

「不貞行為の相手方を訴えるためには」


【弁護士EYE】 不貞行為が原因で離婚を考える

【弁護士EYE】 不貞行為が原因で離婚を考える

離婚原因の1つとして、不貞行為(「配偶者に不貞な行為があったとき。」(民法770条1号))があげられます。


不倫がバレたのは風呂の習慣だった

不倫がバレたのは風呂の習慣だった

夫の風呂の習慣が不倫がバレるきっかけだった。


最新の投稿


【弁護士EYE】育児からの繋がっていく悩み

【弁護士EYE】育児からの繋がっていく悩み

育児に関する悩みが離婚につながるケースは、決して少なくないように思います。


別居中、鍵を換えられていた

別居中、鍵を換えられていた

夫婦喧嘩のたびに家を出る人がいる。一時の感情を冷やし、仲直りの方法の一つではあるが、夫婦には本来、同居義務がある。


【弁護士EYE】子はかすがい

【弁護士EYE】子はかすがい

鎹(かすがい)というのは、木と木をつなぐ釘のことをいいます。


別居との正しい向き合い方

別居との正しい向き合い方

そもそも別居とは夫婦それぞれが夫婦でありながら別々に暮らすことをいう。一般的に離婚を視野に入れた生活形態で、そのための第一歩といってもいいだろう。


【弁護士EYE】離婚への決意

【弁護士EYE】離婚への決意

離婚のご相談の契機は大きく分けて二つあるように思います。一つは、浮気や借金が発覚したなど突発的な事情で離婚を決意する場合、もう一つは、長年離婚を考えた末に定年退職や子の成人を契機に離婚を決意する場合です。


最近話題のキーワード

ここ最近話題のキーワード


離婚 子供 別居 夫婦喧嘩 別居中 かすがい