lawyerseye さんが 2019/03/22 に更新
【弁護士EYE】育児からの繋がっていく悩み

【弁護士EYE】育児からの繋がっていく悩み

育児に関する悩みが離婚につながるケースは、決して少なくないように思います。


 一番よくあるのはやはり妻側から夫側に対して育児関与があまりにも少ないということで離婚を検討するケースでしょうか。
 とはいえ、もともと夫が稼ぐ人で、妻側が専業主婦や、仕事をしているとしても育児ストレス解消のために片手間で仕事をしている方が離婚相談に来ることはなかなかありません。妻側からの離婚相談が多いのは、妻と夫の収入が同等もしくは妻の方が稼いでいるようなケースです。このようなケースで夫が育児を手伝わなければ、妻側には不満がたまります。私より稼いでないくせになぜ私だけ育児もこなしているの?となってきます。妻には収入もありますから、離婚してもやっていけます。さらに、育児をするような年齢になってくれば、かつてのイケメンも今は昔。
 「世の中ね、顔かお金かなのよ」という有名な回文は本当によくできているなあと、弁護士をやっていても感じます。

<Riconsodan弁護士>

この記事のライター

最新の投稿


【弁護士EYE】その言葉は本当に流行っているのか

【弁護士EYE】その言葉は本当に流行っているのか

弁護士として夫婦関係の案件を扱っている中で、メディア関係の方から「●●って流行っていると聞きましたが、実際の案件を通して聞いたことはありますか?」という質問を最近よく受けます。


「夫が浮気したら、アナタはどうする?」

「夫が浮気したら、アナタはどうする?」

夫が浮気したら?


【弁護士EYE】離婚する際の養育費の問題

【弁護士EYE】離婚する際の養育費の問題

さまざまな理由で離婚をしたいと思っているが、どうしても離婚の話を切り出せない、という相談のほとんどは、子供がいて離婚後の経済的事情に不安を抱えているという女性です。その一因として、養育費の問題があると感じています。


こんな女性とは離婚した方がいい

こんな女性とは離婚した方がいい

女性からの離婚への提案理由の中に浮気と暴力がある。いうまでもなく、夫婦関係だけでなく子供をも巻き込み、家庭崩壊にまで至らしめる重大な行為であり、離婚理由に十分に値するものである。


【弁護士EYE】余命宣告をされてからの身辺整理

【弁護士EYE】余命宣告をされてからの身辺整理

もし余命を宣告されたら、残される家族のため、自分自身のために、自らの身辺を整理したいと考える方が多いと思います。