lawyerseye さんが 2019/02/19 に更新
【弁護士EYE】「覗き見」の落とし穴

【弁護士EYE】「覗き見」の落とし穴

携帯・スマホについて、文字通り相手が操作しているのを「覗き見」ること自体が犯罪になったり、違法行為になったりするわけではありません。

覗き見 スマホ 違法行為

 ただし、相手のパスワードを不正に盗んだり推測したりして相手のスマホにログインしてメールなどの情報を見ることは、不正アクセス禁止法に抵触しえます。
ただし証明も難しく、警察が夫婦間の問題に首を突っ込んでくれるケースは少ないと言わざるをえないので、実際にはパスワードを推測されにくくするなどして自衛するのが賢明でしょう。
 離婚のケースでメールが出てくるときは、相手が同意していないにも関わらずメールを見て、そのメールを何らかの形で保存して離婚裁判などの証拠として提出することが多いです。
この場合でも証拠としては認められることが多いです。
民事訴訟において証拠の収集方法が常軌を逸しているからといって証拠の提出が認められないというケースは極めて稀です。
もちろん、これはガラケー時代の話であって、スマホやアップルIDへのログインとなると、非常に多くの情報が含まれているため、裁判でも問題視される可能性は高くなってきます。
 いずれにしろ、浮気している皆さんは、自衛が肝心ですし、浮気を突き止めたい方は、現状ではそうそう臆する必要はありません。

<Riconsodan弁護士>

この記事のライター

関連する投稿


夫婦間の携帯・スマホの覗き見は許される?

夫婦間の携帯・スマホの覗き見は許される?

携帯・スマホの中には人には見られたくない情報がいっぱい詰まっている。夫婦といえども勝手に携帯・スマホを見られては、不快を通り越し、信頼関係を損ないかねない。


スマホの中は不幸がいっぱい

スマホの中は不幸がいっぱい

夫婦といえども相手のスマホを覗き見ることはご法度である。


男の浮気の証拠

男の浮気の証拠

男はひょっとして浮気を自慢している?


【弁護士EYE】「覗き見」の落とし穴

【弁護士EYE】「覗き見」の落とし穴

携帯・スマホについて、文字通り相手が操作しているのを「覗き見」ること自体が犯罪になったり、違法行為になったりするわけではありません。


最新の投稿


【弁護士EYE】育児からの繋がっていく悩み

【弁護士EYE】育児からの繋がっていく悩み

育児に関する悩みが離婚につながるケースは、決して少なくないように思います。


別居中、鍵を換えられていた

別居中、鍵を換えられていた

夫婦喧嘩のたびに家を出る人がいる。一時の感情を冷やし、仲直りの方法の一つではあるが、夫婦には本来、同居義務がある。


【弁護士EYE】子はかすがい

【弁護士EYE】子はかすがい

鎹(かすがい)というのは、木と木をつなぐ釘のことをいいます。


別居との正しい向き合い方

別居との正しい向き合い方

そもそも別居とは夫婦それぞれが夫婦でありながら別々に暮らすことをいう。一般的に離婚を視野に入れた生活形態で、そのための第一歩といってもいいだろう。


【弁護士EYE】離婚への決意

【弁護士EYE】離婚への決意

離婚のご相談の契機は大きく分けて二つあるように思います。一つは、浮気や借金が発覚したなど突発的な事情で離婚を決意する場合、もう一つは、長年離婚を考えた末に定年退職や子の成人を契機に離婚を決意する場合です。


最近話題のキーワード

ここ最近話題のキーワード


離婚 子供 別居 夫婦喧嘩 別居中 かすがい