lawyerseye さんが 2019/02/15 に更新
【弁護士EYE】事実婚を選択するカップルが増えている?

【弁護士EYE】事実婚を選択するカップルが増えている?

事実婚は、かなり法律婚に近い法的保護を受けることができます。

事実婚 法的保護

 例えば、事実婚を解消する際に、離婚時と同様、財産分与を受けることができますし、健康保険や厚生年金といった社会保障制度上も「配偶者」とみなされます。また、相続の場面において、かつて非嫡出子は、嫡出子の1/2しか相続分がありませんでしたが、平成25年12月5日の改正(同月11日施行)により嫡出子と同等の相続分が認められるようになりました。また、戸籍上の表記も、嫡出子と非嫡出子とで区別がなくなりました
 確かに、事実婚においては、パートナーが死亡した時の相続権は認められない等、法律婚との違いはまだまだありますが、それでも法律婚にかなり近づいてきたといえます。
そうしますと、法律婚特有のメリットは薄れてきて、事実婚を選択するカップルも増えてくるものと思われます。

<Riconsodan弁護士>

この記事のライター

関連する投稿


【弁護士EYE】事実婚からの別れ

【弁護士EYE】事実婚からの別れ

カップルが何年も生活を共にし、子供も産まれているが、婚姻届を出しておらず、法律上の夫婦にはならない、ということがあります。


事実婚は居心地がいい?

事実婚は居心地がいい?

事実婚。お互いが夫婦であるという意思を持ち、同居し生計を同じくする関係をいう。


千葉市、同性事実婚を認定へ

千葉市、同性事実婚を認定へ

千葉市は、同性同士や事実婚など多様なカップルを夫婦と同じ「パートナー」と公的に認める制度を来年4月から導入するという。


【弁護士EYE】事実婚のメリットは

【弁護士EYE】事実婚のメリットは

事実婚のメリットとしては、成立するための手続(婚姻届の提出)が不要であり、また、解消する場合も手続(離婚手続)が不要という手続の簡易さにあるでしょう。


事実婚と内縁関係

事実婚と内縁関係

事実婚と内縁関係の違い?


最新の投稿


【弁護士EYE】家事の分担

【弁護士EYE】家事の分担

結婚後、夫が思うように家事を分担してくれなかったから離婚したいという例は、少ないながらもあります。


妻を不幸にするこんな夫にご用心

妻を不幸にするこんな夫にご用心

要するに、全然楽しくない男である。


 【弁護士EYE】夫婦と言葉

【弁護士EYE】夫婦と言葉

日々の人間関係は、時間が経てば経つほど、相手が自分のことを理解してくれているだろうという推測のもと、言葉が省略されていく傾向にあります。


“DNA離婚”って?

“DNA離婚”って?

実際、こんな称号の離婚があるかどうかはわからないが、DNA鑑定が原因で離婚にいたったケースがある。


【弁護士EYE】嫁姑問題

【弁護士EYE】嫁姑問題

いわゆる嫁姑問題は、離婚のきっかけになるだけでなく、離婚手続においても表面化します。