lawyerseye さんが 2019/01/31 に更新
【弁護士EYE】不倫発覚で子供がいたらどうする!

【弁護士EYE】不倫発覚で子供がいたらどうする!

「性格の不一致」に続き、離婚の理由として多く挙げられるものは、不倫です。

不倫発覚どうする 不貞行為 子供がいる場合は話し合い 同性との不倫

 パートナーの不倫が発覚したときは、すぐに離婚を、という気持ちになってしまいがちです。不倫はパートナーによる裏切り行為であり、法律上の離婚事由である「不貞行為」でもありますので、すぐに離婚を考えることはやむを得ないかもしれません。人によっては、どうしても相手の行為が許せないという方も多くいます。
 ただし、未成年の子供がいる場合など、その場の感情で直ちに決断をすることは、ご自身にとっても子供にとっても経済的に良くない未来につながることがありますので、弁護士として相談を受けたときは、夫婦で話し合って、冷静に考えてやり直すことが出来ないか、いちど聞いてみることにしています。
 もっとも、夫が同性と性交渉をしていたことが発覚したという妻から相談を受けたことがありましたが、そのようなケースでは離婚の意思が固く、夫婦関係が修復可能という状況ではありませんでした。「不貞行為」とは、夫婦以外の異性との性的関係をいうのが一般的な解釈なので、同性との「不倫」は「不貞行為」とは言えないのですが、「婚姻を継続し難い重大な事由」という別の離婚事由に該当することになります。

<Riconsodan弁護士>

この記事のライター

関連する投稿


【弁護士EYE】 不貞行為が原因で離婚を考える

【弁護士EYE】 不貞行為が原因で離婚を考える

離婚原因の1つとして、不貞行為(「配偶者に不貞な行為があったとき。」(民法770条1号))があげられます。


【弁護士EYE】「慰謝料」は必ず発生するものではない

【弁護士EYE】「慰謝料」は必ず発生するものではない

離婚に伴う慰謝料は、あくまで離婚及びその原因となった行為によって一方が被った精神的損害を賠償するものであり、離婚をすれば必ず発生するというものではありません。


【弁護士EYE】やりすぎは禁物

【弁護士EYE】やりすぎは禁物

相手が不貞行為を働いたとき、相手を怒りたくなるお気持ちはすごくわかりますが、やりすぎは後で自分に跳ね返ってきます。


【弁護士EYE】不貞行為認定するための証拠

【弁護士EYE】不貞行為認定するための証拠

裁判において、不貞行為があったことを認定するための証拠としてよく例に上げられるものに、(探偵などに撮影させた)ラブホテルから出入りするときの写真というものがあります。


【弁護士EYE】不貞行為に関する事件

【弁護士EYE】不貞行為に関する事件

不貞行為(不倫)に関する事件において、肉体関係がない場合であっても、第三者が夫婦間の婚姻関係を破壊したと評価できれば違法たり得るとして、慰謝料を肯定した裁判例がありますが、基本的には肉体関係をもって不貞行為となります。


最新の投稿


離婚は遺伝する!?

離婚は遺伝する!?

親が離婚していると、その子も離婚する?


【弁護士EYE】「覗き見」の落とし穴

【弁護士EYE】「覗き見」の落とし穴

携帯・スマホについて、文字通り相手が操作しているのを「覗き見」ること自体が犯罪になったり、違法行為になったりするわけではありません。


離婚している人は人間性に問題あり?

離婚している人は人間性に問題あり?

果して、離婚経験者は人間性に問題があるのだろうか?


【弁護士EYE】事実婚を選択するカップルが増えている?

【弁護士EYE】事実婚を選択するカップルが増えている?

事実婚は、かなり法律婚に近い法的保護を受けることができます。


夫と離婚したいと思う瞬間

夫と離婚したいと思う瞬間

「結婚は地獄の入り口」なんて言い方がある。