lawyerseye さんが 2019/01/31 に更新
【弁護士EYE】不倫発覚で子供がいたらどうする!

【弁護士EYE】不倫発覚で子供がいたらどうする!

「性格の不一致」に続き、離婚の理由として多く挙げられるものは、不倫です。

不倫発覚どうする 不貞行為 子供がいる場合は話し合い 同性との不倫

 パートナーの不倫が発覚したときは、すぐに離婚を、という気持ちになってしまいがちです。不倫はパートナーによる裏切り行為であり、法律上の離婚事由である「不貞行為」でもありますので、すぐに離婚を考えることはやむを得ないかもしれません。人によっては、どうしても相手の行為が許せないという方も多くいます。
 ただし、未成年の子供がいる場合など、その場の感情で直ちに決断をすることは、ご自身にとっても子供にとっても経済的に良くない未来につながることがありますので、弁護士として相談を受けたときは、夫婦で話し合って、冷静に考えてやり直すことが出来ないか、いちど聞いてみることにしています。
 もっとも、夫が同性と性交渉をしていたことが発覚したという妻から相談を受けたことがありましたが、そのようなケースでは離婚の意思が固く、夫婦関係が修復可能という状況ではありませんでした。「不貞行為」とは、夫婦以外の異性との性的関係をいうのが一般的な解釈なので、同性との「不倫」は「不貞行為」とは言えないのですが、「婚姻を継続し難い重大な事由」という別の離婚事由に該当することになります。

<Riconsodan弁護士>

この記事のライター

関連する投稿


不倫関係と愛人関係

不倫関係と愛人関係

「不倫」は配偶者以外の異性と肉体関係を持つことで、法的には「不貞行為」という。


【弁護士EYE】不貞行為の判示

【弁護士EYE】不貞行為の判示

最高裁は、「不貞行為」とは「配偶者ある者が、自由な意思にもとづいて、配偶者以外の者と性的関係を結ぶこと」をいうと判示しています。


浮気と不倫の違い

浮気と不倫の違い

離婚理由の大きな理由の一つに不貞行為がある。つまり、浮気、いや不倫……? 言葉の問題だがそもそも浮気と不倫の違いとは?


【弁護士EYE】不貞行為の相手方を訴えるためには

【弁護士EYE】不貞行為の相手方を訴えるためには

「不貞行為の相手方を訴えるためには」


【弁護士EYE】 不貞行為が原因で離婚を考える

【弁護士EYE】 不貞行為が原因で離婚を考える

離婚原因の1つとして、不貞行為(「配偶者に不貞な行為があったとき。」(民法770条1号))があげられます。


最新の投稿


【弁護士EYE】家事の分担

【弁護士EYE】家事の分担

結婚後、夫が思うように家事を分担してくれなかったから離婚したいという例は、少ないながらもあります。


妻を不幸にするこんな夫にご用心

妻を不幸にするこんな夫にご用心

要するに、全然楽しくない男である。


 【弁護士EYE】夫婦と言葉

【弁護士EYE】夫婦と言葉

日々の人間関係は、時間が経てば経つほど、相手が自分のことを理解してくれているだろうという推測のもと、言葉が省略されていく傾向にあります。


“DNA離婚”って?

“DNA離婚”って?

実際、こんな称号の離婚があるかどうかはわからないが、DNA鑑定が原因で離婚にいたったケースがある。


【弁護士EYE】嫁姑問題

【弁護士EYE】嫁姑問題

いわゆる嫁姑問題は、離婚のきっかけになるだけでなく、離婚手続においても表面化します。