lawyerseye さんが 2019/01/25 に更新
【弁護士EYE】浮気、不倫にはリスクが付きもの

【弁護士EYE】浮気、不倫にはリスクが付きもの

 夫の浮気と妻の浮気、どちらが離婚に発展しやすいかは仕事をしているうえではわかりません。

妻の浮気 継続を望む夫 不貞の証拠 不倫のリスク

 妻の浮気であっても、夫が粘り強く円満な家族の継続を希望される場合もあります。
 不貞の場合、不貞相手も連帯責任と言って、不貞をした方と同じ被告席に出廷しないといけなくなる場合は良くあります。ただ、不貞の事実は分かっているけど相手が誰かがはっきりわからないという場合も多いです。
 不倫をする場合はこのようなリスクをしっかり認識してからにしましょう。

<Riconsodan弁護士>

この記事のライター

関連する投稿


【弁護士EYE】浮気、不倫にはリスクが付きもの

【弁護士EYE】浮気、不倫にはリスクが付きもの

 夫の浮気と妻の浮気、どちらが離婚に発展しやすいかは仕事をしているうえではわかりません。


最新の投稿


離婚は遺伝する!?

離婚は遺伝する!?

親が離婚していると、その子も離婚する?


【弁護士EYE】「覗き見」の落とし穴

【弁護士EYE】「覗き見」の落とし穴

携帯・スマホについて、文字通り相手が操作しているのを「覗き見」ること自体が犯罪になったり、違法行為になったりするわけではありません。


離婚している人は人間性に問題あり?

離婚している人は人間性に問題あり?

果して、離婚経験者は人間性に問題があるのだろうか?


【弁護士EYE】事実婚を選択するカップルが増えている?

【弁護士EYE】事実婚を選択するカップルが増えている?

事実婚は、かなり法律婚に近い法的保護を受けることができます。


夫と離婚したいと思う瞬間

夫と離婚したいと思う瞬間

「結婚は地獄の入り口」なんて言い方がある。