lawyerseye さんが 2019/01/17 に更新
【弁護士EYE】「性格の不一致」では基本的に慰謝料は取れない

【弁護士EYE】「性格の不一致」では基本的に慰謝料は取れない

性格の不一致から離婚したいという相談は後を絶ちません。経験上特にそれが多いのは、子育ての終わった熟年離婚の方です。

熟年離婚 長年の不満 慰謝料 性格の不一致

みなさん、子育て中は、子供のためにと思ってガマンするのですが、子育てが終わると、(ちょうどその頃、定年などで夫婦ともに家にいる時間が長くなるためか)性格の不一致による喧嘩が絶えなくなるようで、長年ためてきたものが爆発するのではないかと感じます。特に女性がガマンならないということで相談されるケースの方が多いと感じています。
 性格の不一致の場合には基本的には慰謝料は取れませんが、かつて扱った話で、夫が片付けられない性格のため、妻が長年汚い家に住まされたということを踏まえ、裁判所から「これは慰謝料払うべきでは?」との勧告を受けて慰謝料をいただいたことがありました。

<Riconsodan弁護士>

この記事のライター

関連する投稿


【弁護士EYE】不貞発覚した後の慰謝料請求について

【弁護士EYE】不貞発覚した後の慰謝料請求について

不倫(不貞行為)が発覚したときには、すぐに離婚する夫婦もあり、また、不倫相手とはきちんと別れてパートナーのところに戻る、逆に、その不倫相手と再婚することになる等、色々なパターンがあります。


離婚によって生じる権利の行方

離婚によって生じる権利の行方

慰謝料、財産分与、親権……。離婚時に争われる法的権利である。


卒婚と熟年離婚

卒婚と熟年離婚

「卒婚」。婚姻関係を保ったままそれぞれが人生を楽しむスタイルをいう。


【弁護士EYE】「熟年結婚」に向けて

【弁護士EYE】「熟年結婚」に向けて

熟年離婚という言葉が話題となって久しいですが、「熟年結婚」も、元気な高齢者が増えてきている現代では珍しくなくなっていくのでしょう。


家庭内喫煙、離婚後に受動喫煙被害で慰謝料請求?

家庭内喫煙、離婚後に受動喫煙被害で慰謝料請求?

家庭内喫煙による健康被害の問題である。


最新の投稿


【弁護士EYE】家事の分担

【弁護士EYE】家事の分担

結婚後、夫が思うように家事を分担してくれなかったから離婚したいという例は、少ないながらもあります。


妻を不幸にするこんな夫にご用心

妻を不幸にするこんな夫にご用心

要するに、全然楽しくない男である。


 【弁護士EYE】夫婦と言葉

【弁護士EYE】夫婦と言葉

日々の人間関係は、時間が経てば経つほど、相手が自分のことを理解してくれているだろうという推測のもと、言葉が省略されていく傾向にあります。


“DNA離婚”って?

“DNA離婚”って?

実際、こんな称号の離婚があるかどうかはわからないが、DNA鑑定が原因で離婚にいたったケースがある。


【弁護士EYE】嫁姑問題

【弁護士EYE】嫁姑問題

いわゆる嫁姑問題は、離婚のきっかけになるだけでなく、離婚手続においても表面化します。