lawyerseye さんが 2019/01/11 に更新
【弁護士EYE】司法統計にみる離婚の動機

【弁護士EYE】司法統計にみる離婚の動機

婚姻関係事件の統計については、最高裁判所による平成25年度の司法統計が参考になります。

司法統計 婚姻関係事件申立て 離婚の動機

司法統計によれば、夫と妻では、婚姻関係事件の申立て数は、妻による申立てが夫の申立てに比べて2倍以上となっています。
申立ての動機についても統計が取られているのですが、夫は、①性格が合わない、②異性関係、③性的不調和、④浪費する、⑤暴力を振るう、⑥病気、⑦酒を飲み過ぎるが、動機としての多い順となっています。これに対して、妻は、①性格が合わない、②暴力を振るう、③異性関係、④浪費する、⑤性的不調和、⑥酒を飲み過ぎる、⑦病気が、動機として多い順となっています。
 夫と妻の申立ての動機における主な違いとしては、「暴力を振るわれる」というのが妻側の動機が挙げられます。この理由について、統計上は明確にされておりませんが、一つの推測を行い得ます。妻の方が、家庭内暴力の被害者になりやすいから、動機になりやすいというものです。これまでの経験上、夫の側が暴力を受けていて離婚したいとのご相談は一度もありませんでした。

<Riconsodan弁護士>

この記事のライター

関連する投稿


【弁護士EYE】司法統計にみる離婚の動機

【弁護士EYE】司法統計にみる離婚の動機

 婚姻関係事件の統計については、最高裁判所による平成25年度の司法統計が参考になります。


最新の投稿


【弁護士EYE】家事の分担

【弁護士EYE】家事の分担

結婚後、夫が思うように家事を分担してくれなかったから離婚したいという例は、少ないながらもあります。


妻を不幸にするこんな夫にご用心

妻を不幸にするこんな夫にご用心

要するに、全然楽しくない男である。


 【弁護士EYE】夫婦と言葉

【弁護士EYE】夫婦と言葉

日々の人間関係は、時間が経てば経つほど、相手が自分のことを理解してくれているだろうという推測のもと、言葉が省略されていく傾向にあります。


“DNA離婚”って?

“DNA離婚”って?

実際、こんな称号の離婚があるかどうかはわからないが、DNA鑑定が原因で離婚にいたったケースがある。


【弁護士EYE】嫁姑問題

【弁護士EYE】嫁姑問題

いわゆる嫁姑問題は、離婚のきっかけになるだけでなく、離婚手続においても表面化します。