riconsodan さんが 2019/02/05 に更新
千葉市、同性事実婚を認定へ

千葉市、同性事実婚を認定へ

千葉市は、同性同士や事実婚など多様なカップルを夫婦と同じ「パートナー」と公的に認める制度を来年4月から導入するという。

千葉市 同性婚 事実婚 夫婦 パートナー

 これは全国初のことになる。
 対象は市内在住か市内へ転入を予定している成人で、配偶者や当事者以外のパートナーがいないことや近親者でないことが条件だ。
 宣誓書に署名し、必要書類を提出すると、「パートナーシップ宣誓証明書」が交付されるが,法的拘束力はない。
 市営住宅への入居時の審査、市民病院で入院患者に面会する際に家族であることの証明にも活用され、市民墓地の利用も検討しているという。また、扶養手当や遺族年金の受給や携帯料金の家族割引の適用などで結婚に準じた取り扱いも想定しているというのだ。
 制度導入の背景には、既存の婚姻制度に縛られずに事実婚を選択する異性カップルが増えていることがあり、市長は「どんな立場や境遇の人でも不利益を被らずに暮らしていけることを支援する」という。
 男女の世界も名実ともに多様化の時代に入った。

<R記者>

この記事のライター

関連する投稿


妻にこれをされたら即離婚

妻にこれをされたら即離婚

夫婦にとって浮気はタブーである。


 【弁護士EYE】離婚話の切出し方とその決意の程度

【弁護士EYE】離婚話の切出し方とその決意の程度

離婚を考えた後に、どう離婚話を切り出すかを迷う場面としては、その決意の程度によって、完全に離婚以外の選択肢はないと考えている場合と、そうではなくやり直す余地もあり得る場合、という2つの場面があります。


【弁護士EYE】不貞発覚した後の慰謝料請求について

【弁護士EYE】不貞発覚した後の慰謝料請求について

不倫(不貞行為)が発覚したときには、すぐに離婚する夫婦もあり、また、不倫相手とはきちんと別れてパートナーのところに戻る、逆に、その不倫相手と再婚することになる等、色々なパターンがあります。


【弁護士EYE】事実婚からの別れ

【弁護士EYE】事実婚からの別れ

カップルが何年も生活を共にし、子供も産まれているが、婚姻届を出しておらず、法律上の夫婦にはならない、ということがあります。


【弁護士EYE】再婚からのトラブル

【弁護士EYE】再婚からのトラブル

厚生労働省の調査によると、再婚件数は、夫妻とも再婚の場合と夫婦どちらか一方が再婚の場合を合わせると、全婚姻件数の約4分の1を占めています。夫婦別にみると、平成27年(2015年)の「全婚姻件数に対する再婚件数の割合」は夫19.7%、妻16.8%となっています。


最新の投稿


卒業アルバムでわかる離婚の可能性

卒業アルバムでわかる離婚の可能性

笑顏は大切である。


【弁護士EYE】離婚したいという妻が少く感じる理由

【弁護士EYE】離婚したいという妻が少く感じる理由

夫が出世したり社会的に成功したりしたから、自分を見てくれなくなったと言って離婚相談にする女性は、経験上少ないように思います。


妻にこれをされたら即離婚

妻にこれをされたら即離婚

夫婦にとって浮気はタブーである。


 【弁護士EYE】一度ご自身で同種の経験がある方は格別

【弁護士EYE】一度ご自身で同種の経験がある方は格別

最近の個人のご相談者は、相談前にインターネットで調べてくるため、相談の時点で、かなり法的知識をお持ちです。


夫の不倫の原因は妻にも……

夫の不倫の原因は妻にも……

まず、ここでは生来の“女好き”な亭主は、ビョーキとして無視する。