riconsodan さんが 2019/02/01 に更新
シェアハウス型マンションは“日本の未婚問題”の切り札

シェアハウス型マンションは“日本の未婚問題”の切り札

シェアハウスは優れた出会いの場?

シェアハウス マンション 出会いの場

 あるシェアハウス型マンション(全48室)ではオープンしてこの4年間で入居者の10.8%が入居者同士の結婚に至ったという。恋愛関係までならば22%というのだから、優れた出会いの場というに相応しい。大学のサークルや部活でカップルができる確率と変わらないというから、おそらく自然体で生活を楽しんでいる間に出会いに恵まれるような空間なのだろう。婚活パーティーとの大きな違いは脂ぎったところがないところだという。
 それにしても何故これほどの素晴らしい出会いの確率を生み出しているのだろうか?
 シェアハウスの住人は1~2年で引っ越す人が多く、毎月1~2人が入れ代わり、たくさんの自然な出会いに恵まれていることもある。それと周囲の目があるから、“遊び人”が活動しにくく、入居もしたがらないことも要因の一つで、ラウンジでの雑談やイベント交流から入居者メンバーを深く知る機会があることも大きな理由だ。
 シェアハウスは日本が抱える若い人の未婚問題解決の切り札になるかもしれない。引いては少子化対策にも。

<R記者>

この記事のライター

最新の投稿


【弁護士EYE】その言葉は本当に流行っているのか

【弁護士EYE】その言葉は本当に流行っているのか

弁護士として夫婦関係の案件を扱っている中で、メディア関係の方から「●●って流行っていると聞きましたが、実際の案件を通して聞いたことはありますか?」という質問を最近よく受けます。


「夫が浮気したら、アナタはどうする?」

「夫が浮気したら、アナタはどうする?」

夫が浮気したら?


【弁護士EYE】離婚する際の養育費の問題

【弁護士EYE】離婚する際の養育費の問題

さまざまな理由で離婚をしたいと思っているが、どうしても離婚の話を切り出せない、という相談のほとんどは、子供がいて離婚後の経済的事情に不安を抱えているという女性です。その一因として、養育費の問題があると感じています。


こんな女性とは離婚した方がいい

こんな女性とは離婚した方がいい

女性からの離婚への提案理由の中に浮気と暴力がある。いうまでもなく、夫婦関係だけでなく子供をも巻き込み、家庭崩壊にまで至らしめる重大な行為であり、離婚理由に十分に値するものである。


【弁護士EYE】余命宣告をされてからの身辺整理

【弁護士EYE】余命宣告をされてからの身辺整理

もし余命を宣告されたら、残される家族のため、自分自身のために、自らの身辺を整理したいと考える方が多いと思います。