riconsodan さんが 2019/01/30 に更新
家庭内喫煙、離婚後に受動喫煙被害で慰謝料請求?

家庭内喫煙、離婚後に受動喫煙被害で慰謝料請求?

家庭内喫煙による健康被害の問題である。

喫煙 健康被害 受動喫煙 離婚後 慰謝料

 たとえば、平成14年制定の健康増進法では学校や病院、飲食店などの施設では受動喫煙防止措置に努めるよう求めているが、さらに東京都では昨年、「子供を受動喫煙から守る条例」を定めて子供と同室での喫煙を禁止し、家庭内での受動喫煙被害に対して真っ向から取り組み始めた。
 この流れでいくと、家庭内における喫煙、つまり配偶者への受動喫煙被害も取り沙汰されてしかりである。そもそも家庭では夫婦は相互に助け合う義務があり、配偶者の健康を損なう慣習を慎むのは当然のことである。妻が嫌がっているのに受動喫煙を発生させて害を加えるのはDVや傷害と同じと問われるところである。
 では、離婚後も受動喫煙被害で慰謝料を請求できるだろうか?
 今や喫煙者は吸う場所に困り、家ではマンションのベランダで吸う“ホタル族”もいるが、これも上の階の住人からのクレームで八方塞がりの状況である。自分の城である家庭内もダメとなれば、もはや禁煙するしかないのか。

<R記者>

この記事のライター

関連する投稿


離婚後にもトラブルは待っている

離婚後にもトラブルは待っている

離婚自体が重大なトラブルである。


【弁護士EYE】「慰謝料」は必ず発生するものではない

【弁護士EYE】「慰謝料」は必ず発生するものではない

離婚に伴う慰謝料は、あくまで離婚及びその原因となった行為によって一方が被った精神的損害を賠償するものであり、離婚をすれば必ず発生するというものではありません。


【弁護士EYE】「性格の不一致」では基本的に慰謝料は取れない

【弁護士EYE】「性格の不一致」では基本的に慰謝料は取れない

性格の不一致から離婚したいという相談は後を絶ちません。経験上特にそれが多いのは、子育ての終わった熟年離婚の方です。


【弁護士EYE】離婚後の共同生活

【弁護士EYE】離婚後の共同生活

夫婦が離婚した後も、お互いに同居を続けるということは、実はよくあることです。


【弁護士EYE】離婚後の関係

【弁護士EYE】離婚後の関係

離婚後の関係については、当然のことながら千差万別です。


最新の投稿


【弁護士EYE】その言葉は本当に流行っているのか

【弁護士EYE】その言葉は本当に流行っているのか

弁護士として夫婦関係の案件を扱っている中で、メディア関係の方から「●●って流行っていると聞きましたが、実際の案件を通して聞いたことはありますか?」という質問を最近よく受けます。


「夫が浮気したら、アナタはどうする?」

「夫が浮気したら、アナタはどうする?」

夫が浮気したら?


【弁護士EYE】離婚する際の養育費の問題

【弁護士EYE】離婚する際の養育費の問題

さまざまな理由で離婚をしたいと思っているが、どうしても離婚の話を切り出せない、という相談のほとんどは、子供がいて離婚後の経済的事情に不安を抱えているという女性です。その一因として、養育費の問題があると感じています。


こんな女性とは離婚した方がいい

こんな女性とは離婚した方がいい

女性からの離婚への提案理由の中に浮気と暴力がある。いうまでもなく、夫婦関係だけでなく子供をも巻き込み、家庭崩壊にまで至らしめる重大な行為であり、離婚理由に十分に値するものである。


【弁護士EYE】余命宣告をされてからの身辺整理

【弁護士EYE】余命宣告をされてからの身辺整理

もし余命を宣告されたら、残される家族のため、自分自身のために、自らの身辺を整理したいと考える方が多いと思います。