riconsodan さんが 2019/01/30 に更新
家庭内喫煙、離婚後に受動喫煙被害で慰謝料請求?

家庭内喫煙、離婚後に受動喫煙被害で慰謝料請求?

家庭内喫煙による健康被害の問題である。

喫煙 健康被害 受動喫煙 離婚後 慰謝料

 たとえば、平成14年制定の健康増進法では学校や病院、飲食店などの施設では受動喫煙防止措置に努めるよう求めているが、さらに東京都では昨年、「子供を受動喫煙から守る条例」を定めて子供と同室での喫煙を禁止し、家庭内での受動喫煙被害に対して真っ向から取り組み始めた。
 この流れでいくと、家庭内における喫煙、つまり配偶者への受動喫煙被害も取り沙汰されてしかりである。そもそも家庭では夫婦は相互に助け合う義務があり、配偶者の健康を損なう慣習を慎むのは当然のことである。妻が嫌がっているのに受動喫煙を発生させて害を加えるのはDVや傷害と同じと問われるところである。
 では、離婚後も受動喫煙被害で慰謝料を請求できるだろうか?
 今や喫煙者は吸う場所に困り、家ではマンションのベランダで吸う“ホタル族”もいるが、これも上の階の住人からのクレームで八方塞がりの状況である。自分の城である家庭内もダメとなれば、もはや禁煙するしかないのか。

<R記者>

この記事のライター

関連する投稿


【弁護士EYE】「慰謝料」は必ず発生するものではない

【弁護士EYE】「慰謝料」は必ず発生するものではない

離婚に伴う慰謝料は、あくまで離婚及びその原因となった行為によって一方が被った精神的損害を賠償するものであり、離婚をすれば必ず発生するというものではありません。


【弁護士EYE】「性格の不一致」では基本的に慰謝料は取れない

【弁護士EYE】「性格の不一致」では基本的に慰謝料は取れない

性格の不一致から離婚したいという相談は後を絶ちません。経験上特にそれが多いのは、子育ての終わった熟年離婚の方です。


【弁護士EYE】離婚後の共同生活

【弁護士EYE】離婚後の共同生活

夫婦が離婚した後も、お互いに同居を続けるということは、実はよくあることです。


【弁護士EYE】離婚後の関係

【弁護士EYE】離婚後の関係

離婚後の関係については、当然のことながら千差万別です。


小倉優子、離婚の後日談

小倉優子、離婚の後日談

昨年、ヘアメイクアーティストと離婚したタレントの小倉優子(34)が、バラエティ番組の中でかつての結婚生活にふれた。


最新の投稿


離婚は遺伝する!?

離婚は遺伝する!?

親が離婚していると、その子も離婚する?


【弁護士EYE】「覗き見」の落とし穴

【弁護士EYE】「覗き見」の落とし穴

携帯・スマホについて、文字通り相手が操作しているのを「覗き見」ること自体が犯罪になったり、違法行為になったりするわけではありません。


離婚している人は人間性に問題あり?

離婚している人は人間性に問題あり?

果して、離婚経験者は人間性に問題があるのだろうか?


【弁護士EYE】事実婚を選択するカップルが増えている?

【弁護士EYE】事実婚を選択するカップルが増えている?

事実婚は、かなり法律婚に近い法的保護を受けることができます。


夫と離婚したいと思う瞬間

夫と離婚したいと思う瞬間

「結婚は地獄の入り口」なんて言い方がある。