riconsodan さんが 2018/12/04 に更新
誰でも一度は考える離婚    ~奥田瑛二と安藤和津の場合

誰でも一度は考える離婚 ~奥田瑛二と安藤和津の場合

エッセイストでタレントの安藤和津が夫の奥田瑛二と離婚危機にあったことを語った。  

奥田瑛二 安藤和津 離婚 離婚危機 考える

 さぞかし奥田の女性問題が発端かと思いきや、意外なことだった。娘の弁当に入れるプチトマトを巡る大喧嘩だったという。
「私にとってお弁当に赤いのがあるかどうかはすごく大事なことで、それを奥田は『冷蔵庫の奥にあったゴミみたいな物』って言ったんです。女にとってプチトマトの彩りってすごく大事で、『あなたは私にとって大事なことを分かっていない!』と明け方4時まで大喧嘩になったの。挙げ句に『離婚届持って来い!』とまで言ってたわ」
 奥田にしたら“たかがプチトマト”だが、安藤にしてみたら“されど赤いプチトマト”だったわけで、価値観の違いがこれほどまでの大喧嘩に発展するとは……。
「私の大切にしていることを土足で踏みにじられた思いだった」と、今は笑い話にしているが、プチトマトは夫婦にとって思わぬ地雷源だったわけだ。踏むまではなかなか気づかないもので、安藤の剣幕に奥田はタジタジだったことだろう。

<R記者>

この記事のライター

関連する投稿


【弁護士EYE】夫婦の間でも多少の秘密

【弁護士EYE】夫婦の間でも多少の秘密

夫婦の間でも多少の秘密も…というのは良くあることですが、その内容によっては、バレてしまった場合に離婚を決心されてしまう、ということがあります。


卒業アルバムでわかる離婚の可能性

卒業アルバムでわかる離婚の可能性

笑顏は大切である。


【弁護士EYE】離婚したいという妻が少く感じる理由

【弁護士EYE】離婚したいという妻が少く感じる理由

夫が出世したり社会的に成功したりしたから、自分を見てくれなくなったと言って離婚相談にする女性は、経験上少ないように思います。


妻にこれをされたら即離婚

妻にこれをされたら即離婚

夫婦にとって浮気はタブーである。


 【弁護士EYE】離婚話の切出し方とその決意の程度

【弁護士EYE】離婚話の切出し方とその決意の程度

離婚を考えた後に、どう離婚話を切り出すかを迷う場面としては、その決意の程度によって、完全に離婚以外の選択肢はないと考えている場合と、そうではなくやり直す余地もあり得る場合、という2つの場面があります。


最新の投稿


【弁護士EYE】夫婦の間でも多少の秘密

【弁護士EYE】夫婦の間でも多少の秘密

夫婦の間でも多少の秘密も…というのは良くあることですが、その内容によっては、バレてしまった場合に離婚を決心されてしまう、ということがあります。


卒業アルバムでわかる離婚の可能性

卒業アルバムでわかる離婚の可能性

笑顏は大切である。


【弁護士EYE】離婚したいという妻が少く感じる理由

【弁護士EYE】離婚したいという妻が少く感じる理由

夫が出世したり社会的に成功したりしたから、自分を見てくれなくなったと言って離婚相談にする女性は、経験上少ないように思います。


妻にこれをされたら即離婚

妻にこれをされたら即離婚

夫婦にとって浮気はタブーである。


 【弁護士EYE】一度ご自身で同種の経験がある方は格別

【弁護士EYE】一度ご自身で同種の経験がある方は格別

最近の個人のご相談者は、相談前にインターネットで調べてくるため、相談の時点で、かなり法的知識をお持ちです。