riconsodan さんが 2019/01/22 に更新
結婚3年目で飽きられる妻の実態

結婚3年目で飽きられる妻の実態

「死ぬまで変わらぬ永遠の愛を」

結婚 離婚 飽きられる 実態

 と神の前で結婚の誓いをしたものの、3年も経つとキスなく、当然、セックスレスで、必要最小限の会話しか交わさず、ときめきなんか遠いはるか彼方の昔なんて話を聞くことが少なくない。
 何故、こうなってしまうのだろうか?
 まず、家事や子育てで日常に追われ、身ぎれいにしている暇などなく、美への探究心は失せ、“女”を忘れてしまったことで夫が距離を置き始める。妻として何の落度もないのに男である夫は冷めてしまうというのだ。
「稼ぎがわるい」「出世しないの」と、ついつい夫に対して愚痴をこぼすこともあるだろうが、男はこのようなプライドを傷つけられることにがまんしていられない。
 ランジェリーは半年以上変えていないなんてことはないか? 夜の時間は夫婦だけの大切な時間である。男は単純なもので、ちょっとした色気で気分は昂揚するのを忘れていないか?
 夫の家族、特に義父母との仲はどうか? 夫の実家に寄り付かないとか、姑の悪口三昧でも叩こうものならば夫は面白いはずがない。
 これらが早期離婚を加速させ、または“3年目の浮気”へと夫を走らせるのである。

<R記者>

この記事のライター

関連する投稿


“DNA離婚”って?

“DNA離婚”って?

実際、こんな称号の離婚があるかどうかはわからないが、DNA鑑定が原因で離婚にいたったケースがある。


【弁護士EYE】嫁姑問題

【弁護士EYE】嫁姑問題

いわゆる嫁姑問題は、離婚のきっかけになるだけでなく、離婚手続においても表面化します。


離婚も結婚も金次第?

離婚も結婚も金次第?

離婚の大きな原因の一つに「お金」にまつわることがある。夫の浪費癖や借金苦、生活費を入れてくれない等々だ。


【弁護士EYE】シングルマザーの再婚と養育費

【弁護士EYE】シングルマザーの再婚と養育費

元夫から養育費を受け取っているシングルマザーが再婚したとき、その養育費の取り扱いはどのようになるでしょうか。


【弁護士EYE】得をする離婚と損をする離婚

【弁護士EYE】得をする離婚と損をする離婚

離婚時の財産分与はそれまでに二人で築いた資産を平等に分けるという手続きになります。


最新の投稿


【弁護士EYE】家事の分担

【弁護士EYE】家事の分担

結婚後、夫が思うように家事を分担してくれなかったから離婚したいという例は、少ないながらもあります。


妻を不幸にするこんな夫にご用心

妻を不幸にするこんな夫にご用心

要するに、全然楽しくない男である。


 【弁護士EYE】夫婦と言葉

【弁護士EYE】夫婦と言葉

日々の人間関係は、時間が経てば経つほど、相手が自分のことを理解してくれているだろうという推測のもと、言葉が省略されていく傾向にあります。


“DNA離婚”って?

“DNA離婚”って?

実際、こんな称号の離婚があるかどうかはわからないが、DNA鑑定が原因で離婚にいたったケースがある。


【弁護士EYE】嫁姑問題

【弁護士EYE】嫁姑問題

いわゆる嫁姑問題は、離婚のきっかけになるだけでなく、離婚手続においても表面化します。