lawyerseye さんが 2019/01/07 に更新
【弁護士EYE】 セレブな人たち「奔放なセレブの性の末路」 ~女優奥菜恵とIT長者、一般人、俳優~

【弁護士EYE】 セレブな人たち「奔放なセレブの性の末路」 ~女優奥菜恵とIT長者、一般人、俳優~

 離婚をした場合、専業主婦を想定すると、財産分与で余程多くの財産を受け取る場合を除いて、生活のレベルは結婚前後で下がることになるのが、一般的である。  離婚後は、別れた夫から受け取ることができるのは養育費だけであり、子供がいなければそれすらもらうことができない。

財産分与 離婚後の生活水準 生活力をつけることが離婚の第一歩

 専業主婦を長年していて、急に仕事を探そうとしても、思うような仕事が見つかるのは稀であり、時給として低く、代替可能な仕事をせざるをえない。
そういった事情を踏まえて、弁護士として、離婚の相談が妻側からある場合は、離婚後の生活設計をまず考えてくださいと伝えることにしている。
 離婚後の生活水準を想定しながら、離婚前に就職活動をする、職業訓練をしておく必要がある。
 離婚後、再婚できる見込みがあるならばいいが、そのような不確実性に身を委ねるのは勧められず、自分の生活力をつけることが離婚の第一歩になるのだ。

<Riconsodan弁護士>

この記事のライター

関連する投稿


これぞ、まさしく“財産分与”

これぞ、まさしく“財産分与”

ドイツでの話である。


離婚によって生じる権利の行方

離婚によって生じる権利の行方

慰謝料、財産分与、親権……。離婚時に争われる法的権利である。


【弁護士EYE】協議離婚とは

【弁護士EYE】協議離婚とは

離婚協議書は、調停や裁判など裁判所を使った離婚ではなく、当事者同士の話し合いで離婚できる場合に、離婚すること及び離婚で発生する権利義務(親権はどちらが持つのか、養育費はいくらでいつまで払うか、慰謝料はいくらか、財産分与の方法・金額、面会交流の方法など)を記載するものです。


【弁護士EYE】 財産分与

【弁護士EYE】 財産分与

夫婦における財産がどちらに帰属するかは離婚の際に問題になってきます。


 【弁護士EYE】慰謝料ゼロ

【弁護士EYE】慰謝料ゼロ

有名人の離婚でよく「慰謝料ゼロ」という報道がなされますが、これは必ずしも一方から他方へ一銭も支払われないということではありません。


最新の投稿


【弁護士EYE】家事の分担

【弁護士EYE】家事の分担

結婚後、夫が思うように家事を分担してくれなかったから離婚したいという例は、少ないながらもあります。


妻を不幸にするこんな夫にご用心

妻を不幸にするこんな夫にご用心

要するに、全然楽しくない男である。


 【弁護士EYE】夫婦と言葉

【弁護士EYE】夫婦と言葉

日々の人間関係は、時間が経てば経つほど、相手が自分のことを理解してくれているだろうという推測のもと、言葉が省略されていく傾向にあります。


“DNA離婚”って?

“DNA離婚”って?

実際、こんな称号の離婚があるかどうかはわからないが、DNA鑑定が原因で離婚にいたったケースがある。


【弁護士EYE】嫁姑問題

【弁護士EYE】嫁姑問題

いわゆる嫁姑問題は、離婚のきっかけになるだけでなく、離婚手続においても表面化します。