admin さんが 2018/12/06 に更新
シングルマザーが犯罪をおかしたら?

シングルマザーが犯罪をおかしたら?

離婚し、子供の親権もとり、つましくも二人で平穏に暮らしていた。が、母親が事件を起してしまった。子供はどうなる?

シングルマザー 犯罪 親権 子供 母親

 事件の問題解決の先行きは見えず、このままでは子供が心身共に路頭に迷いかねない。とりあえず、別れた夫に親権を移そうか。
 しかし、離婚時に一度決めた親権は、元夫婦の間で話し合って納得したからといってそう簡単に変更することはできないのだ。
「親権変更調停」という手続きを利用し、家庭裁判所で調査官による調停・審判を経なければならない。
 たとえば、親がギャンブルで浪費し生活が困窮、子供の食事にも支障をきたしているといった養育環境の悪化や子供に対する愛情、親の心身の健康等、親側の事情が考慮されてはじめて親権の変更が認められていく。
 ただ、親権者が刑事事件で有罪となれば、変更はいうまでもないことで、いずれにせよ大人の事情で振り回される子供はたまったものではない。

<R記者>

この記事のライター

関連する投稿


離婚によって生じる権利の行方

離婚によって生じる権利の行方

慰謝料、財産分与、親権……。離婚時に争われる法的権利である。


こんな育児環境で結婚ができるか

こんな育児環境で結婚ができるか

近年、離婚は増えているというが、そもそも結婚しなければ離婚はない。その結婚を日本の育児環境が、子供を作らない以前に結婚そのものまで脅かしているという。


【弁護士EYE】子はかすがい

【弁護士EYE】子はかすがい

鎹(かすがい)というのは、木と木をつなぐ釘のことをいいます。


【弁護士EYE】子の親権

【弁護士EYE】子の親権

離婚の際には、子の親権は、夫婦のどちらかに決めますが、その後、親権者の事情で親権を変更するためには、親権者変更の調停手続によらなくてはなりません。


【弁護士EYE】子供のこと

【弁護士EYE】子供のこと

離婚の際、揉めに揉めることが多いのが子供のことです。


最新の投稿


産後離婚

産後離婚

仲の良かった夫婦が出産を機に……産後クライシスが離婚の引き金になっている。


【弁護士EYE】熟年再婚からみる相続問題

【弁護士EYE】熟年再婚からみる相続問題

熟年再婚で一番法律上問題となるのは、相続の問題です。


“死後離婚”って?

“死後離婚”って?

配偶者が亡くなると、イコール離婚か?


【弁護士EYE】子育てと離婚

【弁護士EYE】子育てと離婚

結婚をして出産をし、仕事復帰をする女性の多くが、仕事と子育ての両立に悩んでいます。保育園の待機児童問題などは、大きな社会問題ともなっています。


養育費は安すぎる

養育費は安すぎる

離婚はしたが、その後の生活は……。