lawyerseye さんが 2018/09/26 に更新
【弁護士EYE】男女の出会いを後押しするサービス

【弁護士EYE】男女の出会いを後押しするサービス

婚活ブームから始まり、昨今はマッチングアプリなど、男女の出会いを後押しするサービスが百花繚乱の様相を呈しています。

婚活 マッチングアプリ 男女 出会い

 そうしますと、婚姻数も伸びそうですが、さらに一歩進んで考えますと、簡単に出会いがあるという経験がある分、離婚への心理的ハードルも低く、離婚数も増加するのはないでしょうか。
 そうしますと、今後男女間のご相談が増える可能性がありますが、紛争を扱ってきた弁護士としては、そうなっては欲しくないと願うばかりです。

<Riconsodan弁護士>

この記事のライター

関連する投稿


【弁護士EYE】SNSが有効な証拠

【弁護士EYE】SNSが有効な証拠

男女間のトラブルにおいてSNSが非常に有効な証拠になることが増えています。


【弁護士EYE】男女の違い

【弁護士EYE】男女の違い

男性が不倫をした場合と女性が不倫をした場合の法律上の違いはありません。


女の不倫の方が罪が重い?

女の不倫の方が罪が重い?

そもそも不倫に男と女に違いがあるのか?


【弁護士EYE】婚活ブーム

【弁護士EYE】婚活ブーム

数年前から「街コン」や「婚活パーティー」など婚活ブームが騒がれ、同じく数年前から「文春砲」により不倫がにわかに世間の注目を集まって以降、弁護士として、男女関係のトラブルのご相談が今後増えるのでは?と思った記憶があります。


婚活女性の意識

婚活女性の意識

ある結婚相談所が20~60代の独身男女100人に「婚活」について行った調査である。


最新の投稿


熟年カップルとラブホ

熟年カップルとラブホ

熟年カップルのラブホテルの利用が急増しているという。


【弁護士EYE】NEWS「カトリック教徒は離婚できない?」

【弁護士EYE】NEWS「カトリック教徒は離婚できない?」

日本の民法では、裁判上の離婚の訴えを起こすことができる場合を、


夫婦喧嘩の絶えない家庭

夫婦喧嘩の絶えない家庭

夫婦喧嘩には必ず理由がある。


【弁護士EYE】離婚事件簿「子供は“どっち”のもの?」

【弁護士EYE】離婚事件簿「子供は“どっち”のもの?」

平成28年4月29日千葉家庭裁判所松戸支部において、5年間娘の養育への妨害を受けてきた父親を親権者・監護権者とする判決が下されました。


熟年離婚、切り出すのは夫?

熟年離婚、切り出すのは夫?

熟年離婚が増加の一途を辿っている。