riconsodan さんが 2018/09/14 に更新
作家・岩井志麻子の晩婚の“ススメ”

作家・岩井志麻子の晩婚の“ススメ”

23歳で早婚し、41歳で再婚した作家の岩井志麻子が自らの経験をふまえて晩婚の渋味について語った。

岩井志摩子 早婚 晩婚 再婚 経験

「若い時は柔軟性や従順さですんなり共同生活に入っていけるが、勢いだけで突っ走って失敗もする。歳を重ねていくと、自分のルールが強固になって他人に合わせられない」
 早婚や晩婚が陥りやすいそれぞれの問題点の指摘だが、ならばどちらがいいのか?
 今の女性は昔のように家事に専念し跡取りを産まなければといった縛りがなく、家事は外注で子供を産む産まないは本人次第で、そもそも一人でも食べていける時代である。
 となれば、晩婚化は自然の流れのように思えるが、岩井はさらに晩婚をあと押しする。
「早婚は夫婦揃って未来を見て、時間も無限にある気がしている。晩婚となると、時間も限られてくるから時間を大事にしたい。そしてその時間を共にする相手も大切にする」
 行き遅れの寂しくしている人も、熟年離婚で不安な人も焦らずに縁を待つべし。

<R記者>

この記事のライター

関連する投稿


あの矢口真里の今

あの矢口真里の今

タレントの矢口真里(35)がバラエティ番組で不倫離婚騒動以来、これまでの経緯を語った。


離婚1年後に再婚を決意した市井紗耶香

離婚1年後に再婚を決意した市井紗耶香

アイドルグループの元モーニング娘の市井紗耶香(33)。現在、4人の子供を持つママタレントである。


藤あやこ再婚、今度は幸せになれるか

藤あやこ再婚、今度は幸せになれるか

演歌歌手の藤あや子(55)が再婚した。


【弁護士EYE】シングルマザーの再婚と養育費

【弁護士EYE】シングルマザーの再婚と養育費

元夫から養育費を受け取っているシングルマザーが再婚したとき、その養育費の取り扱いはどのようになるでしょうか。


【弁護士EYE】再婚における連れ子について

【弁護士EYE】再婚における連れ子について

再婚するときに問題になるのが、連れ子がいた場合、その連れ子を養子にするのかが問題になります。


最新の投稿


【弁護士EYE】子供のこと

【弁護士EYE】子供のこと

離婚の際、揉めに揉めることが多いのが子供のことです。


パチンコ依存症で借金まみれでも……

パチンコ依存症で借金まみれでも……

離婚理由の大きな1つに金銭トラブルがある。


離婚しないための結婚

離婚しないための結婚

最近、ある女性誌で行ったアンケートによると、離婚したカップルの結婚理由の1位は「子供を授かったから」だった。


【弁護士EYE】慰謝料請求に弁護士費用や探偵の費用なども請求できるのか

【弁護士EYE】慰謝料請求に弁護士費用や探偵の費用なども請求できるのか

不貞行為があった場合に慰謝料請求ができることは知られていますが、弁護士費用や探偵の費用なども請求してほしいという質問がよくなされます。


【弁護士EYE】婚活ブーム

【弁護士EYE】婚活ブーム

数年前から「街コン」や「婚活パーティー」など婚活ブームが騒がれ、同じく数年前から「文春砲」により不倫がにわかに世間の注目を集まって以降、弁護士として、男女関係のトラブルのご相談が今後増えるのでは?と思った記憶があります。