lawyerseye さんが 2018/10/11 に更新
【弁護士EYE】慰謝料請求に弁護士費用や探偵の費用なども請求できるのか

【弁護士EYE】慰謝料請求に弁護士費用や探偵の費用なども請求できるのか

不貞行為があった場合に慰謝料請求ができることは知られていますが、弁護士費用や探偵の費用なども請求してほしいという質問がよくなされます。

慰謝料請求 弁護士費用 探偵費用 請求

 まず弁護士費用については認められた慰謝料の約1割のみ請求できるというのが裁判実務です。実際の着手金や成功報酬をそのまま認めてもらえるわけではありません。
 探偵に払った調査費用については、認められるかどうかはケースバイケースです。裁判例の中には、100万円程度を認めたものもありますが、10万円しか認めなかったもの、一切認めなかったものなど、様々あります。
 その他、不貞行為によって精神的苦痛を受けて仕事を休んだ分や、退職した分については、否定している裁判例が多いようです。

<Riconsodan弁護士>

この記事のライター

関連する投稿


【弁護士EYE】相互に慰謝料請求ができること

【弁護士EYE】相互に慰謝料請求ができること

夫婦間において、相手が浮気したことを理由に自分も浮気した場合、相互に慰謝料請求ができることになります。


【弁護士EYE】セックスレス離婚

【弁護士EYE】セックスレス離婚

セックスレスが離婚事由となるかどうか、非常に多い質問です。


【弁護士EYE】不倫の慰謝料請求を行うとき

【弁護士EYE】不倫の慰謝料請求を行うとき

いざ不倫の端緒を掴んで相手に慰謝料請求を行うとき、必要なのは何でしょうか。


【弁護士EYE】婚約破棄による慰謝料請求

【弁護士EYE】婚約破棄による慰謝料請求

男と女の恋愛のうち、遊びではない、本気の交際というのは、お互いに結婚を意識した付き合い、ということができるでしょう。


【弁護士EYE】不貞発覚した後の慰謝料請求について

【弁護士EYE】不貞発覚した後の慰謝料請求について

不倫(不貞行為)が発覚したときには、すぐに離婚する夫婦もあり、また、不倫相手とはきちんと別れてパートナーのところに戻る、逆に、その不倫相手と再婚することになる等、色々なパターンがあります。


最新の投稿


熟年カップルとラブホ

熟年カップルとラブホ

熟年カップルのラブホテルの利用が急増しているという。


【弁護士EYE】NEWS「カトリック教徒は離婚できない?」

【弁護士EYE】NEWS「カトリック教徒は離婚できない?」

日本の民法では、裁判上の離婚の訴えを起こすことができる場合を、


夫婦喧嘩の絶えない家庭

夫婦喧嘩の絶えない家庭

夫婦喧嘩には必ず理由がある。


【弁護士EYE】離婚事件簿「子供は“どっち”のもの?」

【弁護士EYE】離婚事件簿「子供は“どっち”のもの?」

平成28年4月29日千葉家庭裁判所松戸支部において、5年間娘の養育への妨害を受けてきた父親を親権者・監護権者とする判決が下されました。


熟年離婚、切り出すのは夫?

熟年離婚、切り出すのは夫?

熟年離婚が増加の一途を辿っている。