lawyerseye さんが 2018/10/11 に更新
【弁護士EYE】慰謝料請求に弁護士費用や探偵の費用なども請求できるのか

【弁護士EYE】慰謝料請求に弁護士費用や探偵の費用なども請求できるのか

不貞行為があった場合に慰謝料請求ができることは知られていますが、弁護士費用や探偵の費用なども請求してほしいという質問がよくなされます。

慰謝料請求 弁護士費用 探偵費用 請求

 まず弁護士費用については認められた慰謝料の約1割のみ請求できるというのが裁判実務です。実際の着手金や成功報酬をそのまま認めてもらえるわけではありません。
 探偵に払った調査費用については、認められるかどうかはケースバイケースです。裁判例の中には、100万円程度を認めたものもありますが、10万円しか認めなかったもの、一切認めなかったものなど、様々あります。
 その他、不貞行為によって精神的苦痛を受けて仕事を休んだ分や、退職した分については、否定している裁判例が多いようです。

<Riconsodan弁護士>

この記事のライター

関連する投稿


【弁護士EYE】相互に慰謝料請求ができること

【弁護士EYE】相互に慰謝料請求ができること

夫婦間において、相手が浮気したことを理由に自分も浮気した場合、相互に慰謝料請求ができることになります。


【弁護士EYE】セックスレス離婚

【弁護士EYE】セックスレス離婚

セックスレスが離婚事由となるかどうか、非常に多い質問です。


【弁護士EYE】不倫の慰謝料請求を行うとき

【弁護士EYE】不倫の慰謝料請求を行うとき

いざ不倫の端緒を掴んで相手に慰謝料請求を行うとき、必要なのは何でしょうか。


【弁護士EYE】婚約破棄による慰謝料請求

【弁護士EYE】婚約破棄による慰謝料請求

男と女の恋愛のうち、遊びではない、本気の交際というのは、お互いに結婚を意識した付き合い、ということができるでしょう。


【弁護士EYE】不貞発覚した後の慰謝料請求について

【弁護士EYE】不貞発覚した後の慰謝料請求について

不倫(不貞行為)が発覚したときには、すぐに離婚する夫婦もあり、また、不倫相手とはきちんと別れてパートナーのところに戻る、逆に、その不倫相手と再婚することになる等、色々なパターンがあります。


最新の投稿


産後離婚

産後離婚

仲の良かった夫婦が出産を機に……産後クライシスが離婚の引き金になっている。


【弁護士EYE】熟年再婚からみる相続問題

【弁護士EYE】熟年再婚からみる相続問題

熟年再婚で一番法律上問題となるのは、相続の問題です。


“死後離婚”って?

“死後離婚”って?

配偶者が亡くなると、イコール離婚か?


【弁護士EYE】子育てと離婚

【弁護士EYE】子育てと離婚

結婚をして出産をし、仕事復帰をする女性の多くが、仕事と子育ての両立に悩んでいます。保育園の待機児童問題などは、大きな社会問題ともなっています。


養育費は安すぎる

養育費は安すぎる

離婚はしたが、その後の生活は……。