riconsodan さんが 2018/10/04 に更新
婚活女性の意識

婚活女性の意識

ある結婚相談所が20~60代の独身男女100人に「婚活」について行った調査である。

婚活 意識調査 結婚相談所 理由

 まず婚活を始めた理由だが、ほとんどが、「年齢を意識して」「寂しさを感じて」「老後独りになることが不安」の3つに集約された。中には「もう一度恋をしてみたかった」
 「未来を語り合える人が側にいてほしい」とのごく少数意見もあったが、男女各年代ともにほぼ同じ意識であることがわかった。
 しかし、「何歳までに結婚したいか?」となると男性が「遅くても35歳まで」で、同樣の回答を示した女性は5人に1人しかいなくて、男性ほど結婚を焦っていない。
 また、男性の3割余りが「婚活は20代からすべき」と比較的早い段階から結婚への意欲を示したのに対し、女性は「20代から婚活する必要はない」と、これまた結婚への関心は高くはなかった。
 そもそも男女では結婚に求めるものに違いがあるようだ。男性は圧倒的に「癒し」とか「手料理」を求めているが、女性は「愛情表現」だ。打算や世間体など愛情のない結婚ならば意味がないことらしいが、女性は結婚に対してもっと現実的かと思ったが……。

<R記者>

この記事のライター

関連する投稿


夫婦喧嘩の絶えない家庭

夫婦喧嘩の絶えない家庭

夫婦喧嘩には必ず理由がある。


【弁護士EYE】婚活ブーム

【弁護士EYE】婚活ブーム

数年前から「街コン」や「婚活パーティー」など婚活ブームが騒がれ、同じく数年前から「文春砲」により不倫がにわかに世間の注目を集まって以降、弁護士として、男女関係のトラブルのご相談が今後増えるのでは?と思った記憶があります。


【弁護士EYE】男女の出会いを後押しするサービス

【弁護士EYE】男女の出会いを後押しするサービス

婚活ブームから始まり、昨今はマッチングアプリなど、男女の出会いを後押しするサービスが百花繚乱の様相を呈しています。


可愛いし仕事もできるのに何故か独身

可愛いし仕事もできるのに何故か独身

あんなにいい子なのに何故結婚しないの?


おばさん語が恋愛を遠ざける

おばさん語が恋愛を遠ざける

結婚相談所のベテラン相談員から聞いた話である。


最新の投稿


熟年カップルとラブホ

熟年カップルとラブホ

熟年カップルのラブホテルの利用が急増しているという。


【弁護士EYE】NEWS「カトリック教徒は離婚できない?」

【弁護士EYE】NEWS「カトリック教徒は離婚できない?」

日本の民法では、裁判上の離婚の訴えを起こすことができる場合を、


夫婦喧嘩の絶えない家庭

夫婦喧嘩の絶えない家庭

夫婦喧嘩には必ず理由がある。


【弁護士EYE】離婚事件簿「子供は“どっち”のもの?」

【弁護士EYE】離婚事件簿「子供は“どっち”のもの?」

平成28年4月29日千葉家庭裁判所松戸支部において、5年間娘の養育への妨害を受けてきた父親を親権者・監護権者とする判決が下されました。


熟年離婚、切り出すのは夫?

熟年離婚、切り出すのは夫?

熟年離婚が増加の一途を辿っている。