admin さんが 2018/07/17 に更新
NHK桑子アナとフジ谷岡アナの離婚

NHK桑子アナとフジ谷岡アナの離婚

今やNHKの顔となったアナウンサーの桑子真帆(31)。昨年、フジテレビのアナウンサー谷岡慎一(31)と電撃入籍してから1年が経ったが、6月3日に電撃離婚した。

NHKの顔 アナウンサー 桑子真帆 谷岡慎一 電撃離婚

「お互い仕事が忙しくスレ違い」がその理由である。そもそもわかりきっていたはずのことであり、著名人によくある理由である。
 アナウンサー志望の二人は学生時代からの顔見知りで、付き合いは長かった。桑子はタモリの『ブラタモリ』のアシスタントとして大ブレークしたのを機に、昨年4月から『ニュースウォッチ9』のキャスターに抜擢されたばかりか、その年の紅白歌合戦の総合司会も務め、“ポスト有働由美子”として期待されている。一方の谷岡は朝の情報番組のサブキャスターを務め、週末の競馬中継を担当している。同期といえすでに二人の格差は歴然であり、これも離婚理由の一つではと勘繰ってしまう。谷岡の「早く子供が欲しい」が二人の間に溝を作ったともいう。NHKの顔になったばかりの桑子は産休を望まないだろう。
 某アナウンサーに言わせると、
「アナウンサーは概して我が強く、その強い者同士が結婚すればぶつかるのは当然。遅かれ早かれだったかも」
“竹林不倫”で離婚したフジの秋元優里と夫・生田竜聖もアナウンサー同士だった。
 アナウンサーゆえに結婚には「離婚」というオチをつけなければいけないわけではないだろうが。

<R記者>

この記事のライター

最新の投稿


産後離婚

産後離婚

仲の良かった夫婦が出産を機に……産後クライシスが離婚の引き金になっている。


【弁護士EYE】熟年再婚からみる相続問題

【弁護士EYE】熟年再婚からみる相続問題

熟年再婚で一番法律上問題となるのは、相続の問題です。


“死後離婚”って?

“死後離婚”って?

配偶者が亡くなると、イコール離婚か?


養育費は安すぎる

養育費は安すぎる

離婚はしたが、その後の生活は……。


【弁護士EYE】結婚相手を選ぶ優先度

【弁護士EYE】結婚相手を選ぶ優先度

男性にとっても女性にとっても、結婚相手の料理が美味しいことほど幸せなことはありません。