riconsodan さんが 2018/10/12 に更新
離婚しないための結婚

離婚しないための結婚

最近、ある女性誌で行ったアンケートによると、離婚したカップルの結婚理由の1位は「子供を授かったから」だった。

離婚しないため 結婚 子供 結婚理由 離婚 積極的 時間とお金をかける価値

 いわゆる出来ちゃった婚だが、他、交際期間が1年未満で離婚したのは4組のうち1組で、要するに勢いだけに任せての結婚はうまくいかないということだ。こんな二人の離婚後の言葉は、「こんなはずじゃなかった」である。
 ちなみに、ラブラブで交際期間も十分なカップルが離婚するのは1割だそうだ。
 気になるデータがあった。
 結婚式と新婚旅行が離婚に及ぼす関係である。この2つは人生におけるビッグイベントだが、昔は経済的事情等よほどのことがないかぎりスルーすることはなかった。しかし、最近、お金のあるなしに関わらずスルーするケースは少なくなく、かりに挙行しても大がかりにしない傾向にある。
 そんな中、離婚カップルの4割強が2つともやっていないという。2つともやったのに離婚したカップルは24%だった。
 結婚には積極的に時間とお金をかけるだけの価値があるようだ。

<R記者>

この記事のライター

関連する投稿


復縁再婚の意外なきっかけ

復縁再婚の意外なきっかけ

離婚した相手と再婚するケースである。


婚期を逃した瞬間

婚期を逃した瞬間

特に、アラサーだ。


お笑いコンビ『インパルス』の堤下離婚

お笑いコンビ『インパルス』の堤下離婚

相次ぎ自動車事故を引き起し、無期限謹慎処分を受けていたお笑いコンビの「インパルス」堤下敦(41)が仕事に復帰した。明るく笑顏で仕事を再開させたが、この春に離婚していたことを明かした。  


【弁護士EYE】離婚の兆候のある夫婦

【弁護士EYE】離婚の兆候のある夫婦

結婚当初から、いずれ離婚すると思って、婚姻届を提出する夫婦はほとんどいません。


離婚必至のカップル

離婚必至のカップル

最初から別れることを前提に付き合うカップルなどいないだろう。


最新の投稿


復縁再婚の意外なきっかけ

復縁再婚の意外なきっかけ

離婚した相手と再婚するケースである。


婚期を逃した瞬間

婚期を逃した瞬間

特に、アラサーだ。


【弁護士EYE】SNSが有効な証拠

【弁護士EYE】SNSが有効な証拠

男女間のトラブルにおいてSNSが非常に有効な証拠になることが増えています。


SNSは恋愛の諸刃の剣

SNSは恋愛の諸刃の剣

今やSNSでメッセージをやりとりし、親交を深めるカップルは当り前。


【弁護士EYE】男女の違い

【弁護士EYE】男女の違い

男性が不倫をした場合と女性が不倫をした場合の法律上の違いはありません。