riconsodan さんが 2018/09/20 に更新
セックスレス離婚

セックスレス離婚

倦怠期の夫婦が陥る離婚ではない。

セックスレス 離婚 カップル 共働き スキンシップ

倦怠期の夫婦が陥る離婚ではない。
 共働きながら「子供が欲しい」というカップルに起りがちなのがセックスレス離婚である。
 お互い仕事が忙しくて深夜帰宅や出張、休日出勤等々、スレ違いの生活がセックスレスを引き起こすが、そんな時間に余裕のない中での子作りはプレッシャーが伴い、とても快適なセックスなど望むことはできない。たまにお互い深夜帰宅ながら丁度顔を合わせたことで「じゃあ○○○」となり、たとえ体力気力を振り絞って事に及んだとしても、仕事を引きずったままの精神状態では集中できず快適なはずがない。子作りにとって月に一度のチャンスにも、妻は夫の疲れた姿に「今日は排卵日よ」と言いよどんでしまう。
 ラブラブで結婚したものの、結婚してセックスの回数が減ったという共働きのカップルは少なくないという。心身の疲労から生まれるストレスホルモンが充満した肉体では生殖機能が働くホルモンの分泌が抑制され、“する気”にさせないのだ。
 こうなると子宝が遠のくだけではない。夫婦にとってセックスはスキンシップであり、愛情の確認であり、絆を深めるものでもあるわけだが、それがなくなっていくというのは夫婦の終焉に近づくことだ。どちらか一方が異常に性的に元気だと終焉はさらに進む。
 「これ以上、私を待たせるならば離婚よ」
 働き方改革に頼るしかないのか。

<R記者>

この記事のライター

関連する投稿


【弁護士EYE】夫婦の間でも多少の秘密

【弁護士EYE】夫婦の間でも多少の秘密

夫婦の間でも多少の秘密も…というのは良くあることですが、その内容によっては、バレてしまった場合に離婚を決心されてしまう、ということがあります。


卒業アルバムでわかる離婚の可能性

卒業アルバムでわかる離婚の可能性

笑顏は大切である。


【弁護士EYE】離婚したいという妻が少く感じる理由

【弁護士EYE】離婚したいという妻が少く感じる理由

夫が出世したり社会的に成功したりしたから、自分を見てくれなくなったと言って離婚相談にする女性は、経験上少ないように思います。


妻にこれをされたら即離婚

妻にこれをされたら即離婚

夫婦にとって浮気はタブーである。


 【弁護士EYE】離婚話の切出し方とその決意の程度

【弁護士EYE】離婚話の切出し方とその決意の程度

離婚を考えた後に、どう離婚話を切り出すかを迷う場面としては、その決意の程度によって、完全に離婚以外の選択肢はないと考えている場合と、そうではなくやり直す余地もあり得る場合、という2つの場面があります。


最新の投稿


【弁護士EYE】夫婦の間でも多少の秘密

【弁護士EYE】夫婦の間でも多少の秘密

夫婦の間でも多少の秘密も…というのは良くあることですが、その内容によっては、バレてしまった場合に離婚を決心されてしまう、ということがあります。


卒業アルバムでわかる離婚の可能性

卒業アルバムでわかる離婚の可能性

笑顏は大切である。


【弁護士EYE】離婚したいという妻が少く感じる理由

【弁護士EYE】離婚したいという妻が少く感じる理由

夫が出世したり社会的に成功したりしたから、自分を見てくれなくなったと言って離婚相談にする女性は、経験上少ないように思います。


妻にこれをされたら即離婚

妻にこれをされたら即離婚

夫婦にとって浮気はタブーである。


 【弁護士EYE】一度ご自身で同種の経験がある方は格別

【弁護士EYE】一度ご自身で同種の経験がある方は格別

最近の個人のご相談者は、相談前にインターネットで調べてくるため、相談の時点で、かなり法的知識をお持ちです。