riconsodan さんが 2018/09/19 に更新
ワンオペ育児離婚

ワンオペ育児離婚

主に共働き夫婦に見られる離婚である。

ワンオペ育児 離婚 共働き夫婦 家事を全て一人 理解 協力

 家事や育児など家庭のことすべてを一人で賄わされている状態が、いわば“ワンオペレーション育児(ワンオペ育児)”である。
 朝の支度、夕食の準備、お風呂、洗濯、その合間には子供のおしっこや抱っこをせがまれる。その間、夫はテレビを観て全くの無関心。子供を寝かしつける頃にはイライラは沸点に達する。ブラック企業の家庭版である。
 「なんで私ばっかり!」と夫を恨めしく思い、暴発した時にはもはや手遅れだ。
 ただ、他に夫の単身赴任や残業、また核家族化で実家に寄り付かずにその協力を得られないこともワンオペ育児の背景にある。
 子供が0~2歳時に離婚する夫婦は3割を超えるという。3~5歳時ならば2割で、母子家庭の半数余りが子供が幼稚園に上がるかどうかの時期に生まれていることになる。
 産後うつや産後クライシス、そしてワンオペ育児がその主な原因であるが、夫の理解と協力があれば避けられる離婚もあり、若いお父さんには奮起を願いたいものだ。

<R記者>

この記事のライター

関連する投稿


【弁護士EYE】子供のこと

【弁護士EYE】子供のこと

離婚の際、揉めに揉めることが多いのが子供のことです。


離婚しないための結婚

離婚しないための結婚

最近、ある女性誌で行ったアンケートによると、離婚したカップルの結婚理由の1位は「子供を授かったから」だった。


【弁護士EYE】2人の目指す方向性

【弁護士EYE】2人の目指す方向性

弁護士に離婚のご相談に来られる方は、既に夫婦関係に何らかの支障が生じ、又はそれが修復不可能な状況となっている場合がほとんどで、価値観の相違といったレベルではなく、互いを忌み嫌う関係になってしまっています。


【弁護士EYE】相手の素性調査

【弁護士EYE】相手の素性調査

離婚事件において、相手の素性について調査依頼を受けることはがよくあります。


意外に多い40代女性の離婚

意外に多い40代女性の離婚

最近は熟年離婚が目立ってきているが、とはいえ、昔も今も若い層の離婚件数が多いことには変わりがない。


最新の投稿


【弁護士EYE】子供のこと

【弁護士EYE】子供のこと

離婚の際、揉めに揉めることが多いのが子供のことです。


パチンコ依存症で借金まみれでも……

パチンコ依存症で借金まみれでも……

離婚理由の大きな1つに金銭トラブルがある。


離婚しないための結婚

離婚しないための結婚

最近、ある女性誌で行ったアンケートによると、離婚したカップルの結婚理由の1位は「子供を授かったから」だった。


【弁護士EYE】慰謝料請求に弁護士費用や探偵の費用なども請求できるのか

【弁護士EYE】慰謝料請求に弁護士費用や探偵の費用なども請求できるのか

不貞行為があった場合に慰謝料請求ができることは知られていますが、弁護士費用や探偵の費用なども請求してほしいという質問がよくなされます。


【弁護士EYE】婚活ブーム

【弁護士EYE】婚活ブーム

数年前から「街コン」や「婚活パーティー」など婚活ブームが騒がれ、同じく数年前から「文春砲」により不倫がにわかに世間の注目を集まって以降、弁護士として、男女関係のトラブルのご相談が今後増えるのでは?と思った記憶があります。