lawyerseye さんが 2018/09/18 に更新
【弁護士EYE】精神疾患を理由に離婚する事の難しさ

【弁護士EYE】精神疾患を理由に離婚する事の難しさ

配偶者の精神疾患が離婚に該当する否かは非常に難しい問題です。

精神疾患 難しい問題 離婚

 民法は、離婚事由として「配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき」(同法770条1項4号)と規定し、精神病を離婚事由の一つとして定めるものの、「強度」で、かつ「回復の見込みがないないとき」という条件を付しています。
 この「強度の精神病」とは、病気の程度が夫婦の同居協力義務を果たすことができない程度に重症であることです。過去の裁判例をみると、強度の痴呆を理由に離婚を認めたものがあれば、中度のうつ病で離婚を認めなかったものもあります。病名というよりは、その程度が重要になります。

<Riconsodan弁護士>

この記事のライター

関連する投稿


【弁護士EYE】NEWS「カトリック教徒は離婚できない?」

【弁護士EYE】NEWS「カトリック教徒は離婚できない?」

日本の民法では、裁判上の離婚の訴えを起こすことができる場合を、


【弁護士EYE】子の親権

【弁護士EYE】子の親権

離婚の際には、子の親権は、夫婦のどちらかに決めますが、その後、親権者の事情で親権を変更するためには、親権者変更の調停手続によらなくてはなりません。


上西小百合、ツイッターで舛添に吼える

上西小百合、ツイッターで舛添に吼える

「離婚して正解だったかな」


誰でも一度は考える離婚    ~奥田瑛二と安藤和津の場合

誰でも一度は考える離婚 ~奥田瑛二と安藤和津の場合

エッセイストでタレントの安藤和津が夫の奥田瑛二と離婚危機にあったことを語った。  


元夫が逮捕されたら養育費は?

元夫が逮捕されたら養育費は?

父母ともに離婚したら、相手に子供に対する生活保持義務から養育費を請求することができる。


最新の投稿


熟年カップルとラブホ

熟年カップルとラブホ

熟年カップルのラブホテルの利用が急増しているという。


【弁護士EYE】NEWS「カトリック教徒は離婚できない?」

【弁護士EYE】NEWS「カトリック教徒は離婚できない?」

日本の民法では、裁判上の離婚の訴えを起こすことができる場合を、


夫婦喧嘩の絶えない家庭

夫婦喧嘩の絶えない家庭

夫婦喧嘩には必ず理由がある。


【弁護士EYE】離婚事件簿「子供は“どっち”のもの?」

【弁護士EYE】離婚事件簿「子供は“どっち”のもの?」

平成28年4月29日千葉家庭裁判所松戸支部において、5年間娘の養育への妨害を受けてきた父親を親権者・監護権者とする判決が下されました。


熟年離婚、切り出すのは夫?

熟年離婚、切り出すのは夫?

熟年離婚が増加の一途を辿っている。