lawyerseye さんが 2018/08/08 に更新
【弁護士EYE】離婚に際しての不動産の処分

【弁護士EYE】離婚に際しての不動産の処分

離婚に際してよく問題となるのは、不動産の処分です。

離婚 不動産の処分

 ローンが終わっている不動産なら、分ければいいのですが、ローンが終わっていない、かつ、値下がりによって、現在価値よりもローン残高の方が大きくなっている、いわゆるオーバーローンのケースです。オーバーローンのとき、それまで支払ったローン金額は財産分与として求めることができるのでしょうか。
 裁判例は、このようなケースについて「精算すべき資産がないのであるから、返済した住宅ローンの一部を財産分与の対象とすることはできない」として婚姻生活中に支払ったローン金額を財産分与として求めることはできないとしています。

<Riconsodan弁護士>

この記事のライター

関連する投稿


便座離婚

便座離婚

「トイレ離婚」ともいう。


離婚や再婚経験者は遺産相続が大変?

離婚や再婚経験者は遺産相続が大変?

そもそも遺産相続は結構、厄介なのだ。


【弁護士EYE】NEWS「カトリック教徒は離婚できない?」

【弁護士EYE】NEWS「カトリック教徒は離婚できない?」

日本の民法では、裁判上の離婚の訴えを起こすことができる場合を、


【弁護士EYE】子の親権

【弁護士EYE】子の親権

離婚の際には、子の親権は、夫婦のどちらかに決めますが、その後、親権者の事情で親権を変更するためには、親権者変更の調停手続によらなくてはなりません。


上西小百合、ツイッターで舛添に吼える

上西小百合、ツイッターで舛添に吼える

「離婚して正解だったかな」


最新の投稿


年金分割を見込んだ熟年離婚は危険

年金分割を見込んだ熟年離婚は危険

「離婚しても夫の年金を分けてもらえるから老後はなんとかなる」


【弁護士EYE】「性格の不一致」では基本的に慰謝料は取れない

【弁護士EYE】「性格の不一致」では基本的に慰謝料は取れない

性格の不一致から離婚したいという相談は後を絶ちません。経験上特にそれが多いのは、子育ての終わった熟年離婚の方です。


DV夫を轢き殺した妻の罪は?

DV夫を轢き殺した妻の罪は?

米オハイオ州で起きた事件である。


【弁護士EYE】司法統計にみる離婚の動機

【弁護士EYE】司法統計にみる離婚の動機

婚姻関係事件の統計については、最高裁判所による平成25年度の司法統計が参考になります。


パキスタンの結婚事情とその悲劇

パキスタンの結婚事情とその悲劇

パキスタンで新妻が起した事件である。