lawyerseye さんが 2018/08/08 に更新
【弁護士EYE】離婚に際しての不動産の処分

【弁護士EYE】離婚に際しての不動産の処分

離婚に際してよく問題となるのは、不動産の処分です。

離婚 不動産の処分

 ローンが終わっている不動産なら、分ければいいのですが、ローンが終わっていない、かつ、値下がりによって、現在価値よりもローン残高の方が大きくなっている、いわゆるオーバーローンのケースです。オーバーローンのとき、それまで支払ったローン金額は財産分与として求めることができるのでしょうか。
 裁判例は、このようなケースについて「精算すべき資産がないのであるから、返済した住宅ローンの一部を財産分与の対象とすることはできない」として婚姻生活中に支払ったローン金額を財産分与として求めることはできないとしています。

<Riconsodan弁護士>

この記事のライター

関連する投稿


復縁再婚の意外なきっかけ

復縁再婚の意外なきっかけ

離婚した相手と再婚するケースである。


お笑いコンビ『インパルス』の堤下離婚

お笑いコンビ『インパルス』の堤下離婚

相次ぎ自動車事故を引き起し、無期限謹慎処分を受けていたお笑いコンビの「インパルス」堤下敦(41)が仕事に復帰した。明るく笑顏で仕事を再開させたが、この春に離婚していたことを明かした。  


【弁護士EYE】離婚の兆候のある夫婦

【弁護士EYE】離婚の兆候のある夫婦

結婚当初から、いずれ離婚すると思って、婚姻届を提出する夫婦はほとんどいません。


離婚必至のカップル

離婚必至のカップル

最初から別れることを前提に付き合うカップルなどいないだろう。


【弁護士EYE】金の切れ目が縁の切れ目

【弁護士EYE】金の切れ目が縁の切れ目

夫婦の一方が無断で多額の借金を重ねて浪費を行うことは、「婚姻を継続し難い重大な事由」と認められ、裁判で離婚が認められる場合があります。


最新の投稿


復縁再婚の意外なきっかけ

復縁再婚の意外なきっかけ

離婚した相手と再婚するケースである。


婚期を逃した瞬間

婚期を逃した瞬間

特に、アラサーだ。


【弁護士EYE】SNSが有効な証拠

【弁護士EYE】SNSが有効な証拠

男女間のトラブルにおいてSNSが非常に有効な証拠になることが増えています。


SNSは恋愛の諸刃の剣

SNSは恋愛の諸刃の剣

今やSNSでメッセージをやりとりし、親交を深めるカップルは当り前。


【弁護士EYE】男女の違い

【弁護士EYE】男女の違い

男性が不倫をした場合と女性が不倫をした場合の法律上の違いはありません。