riconsodan さんが 2018/05/07 に更新
瀬戸内寂聴から安倍昭恵へ

瀬戸内寂聴から安倍昭恵へ

国会はいまだ森友問題が燻ったままだ。

安倍昭恵 瀬戸内寂聴 森友問題 国会

 そんな中、野党のみならず与党からも白羽の矢を立てられているのが安倍昭恵夫人。そんな首相夫人に作家の瀬戸内寂聴が女性誌のインタビューでエールを送った。
「あんな旦那は今すぐポイしなさい」
 そもそも瀬戸内寂聴は昭恵を、「彼女が使っていた『家庭内野党』という言葉は斬新で新しい妻のあり方を作り出した」と評価し、昭恵が森友問題に絡んでしまったのは、「家庭に満足できていないからじゃないか」という。そしてこの際、夫を捨ててもっと自由になれと説いた。
 瀬戸内寂聴自身、昔々、夫の教え子の青年と不倫し、夫と3歳の娘を捨て、次にその青年を裏切って妻子ある男と三角関係になるという煩悩の塊のような人生を歩んできた。確かに捨てることで自由を得たのだろうが、さて、それが首相夫人にできるのか?
 易々とポイされるような男がわが国の首相であることは国民としてはなんとも情けないことなのだが。

<R記者>

この記事のライター

最新の投稿


年金分割を見込んだ熟年離婚は危険

年金分割を見込んだ熟年離婚は危険

「離婚しても夫の年金を分けてもらえるから老後はなんとかなる」


【弁護士EYE】「性格の不一致」では基本的に慰謝料は取れない

【弁護士EYE】「性格の不一致」では基本的に慰謝料は取れない

性格の不一致から離婚したいという相談は後を絶ちません。経験上特にそれが多いのは、子育ての終わった熟年離婚の方です。


DV夫を轢き殺した妻の罪は?

DV夫を轢き殺した妻の罪は?

米オハイオ州で起きた事件である。


【弁護士EYE】司法統計にみる離婚の動機

【弁護士EYE】司法統計にみる離婚の動機

婚姻関係事件の統計については、最高裁判所による平成25年度の司法統計が参考になります。


パキスタンの結婚事情とその悲劇

パキスタンの結婚事情とその悲劇

パキスタンで新妻が起した事件である。