riconsodan さんが 2018/05/07 に更新
瀬戸内寂聴から安倍昭恵へ

瀬戸内寂聴から安倍昭恵へ

国会はいまだ森友問題が燻ったままだ。

安倍昭恵 瀬戸内寂聴 森友問題 国会

 そんな中、野党のみならず与党からも白羽の矢を立てられているのが安倍昭恵夫人。そんな首相夫人に作家の瀬戸内寂聴が女性誌のインタビューでエールを送った。
「あんな旦那は今すぐポイしなさい」
 そもそも瀬戸内寂聴は昭恵を、「彼女が使っていた『家庭内野党』という言葉は斬新で新しい妻のあり方を作り出した」と評価し、昭恵が森友問題に絡んでしまったのは、「家庭に満足できていないからじゃないか」という。そしてこの際、夫を捨ててもっと自由になれと説いた。
 瀬戸内寂聴自身、昔々、夫の教え子の青年と不倫し、夫と3歳の娘を捨て、次にその青年を裏切って妻子ある男と三角関係になるという煩悩の塊のような人生を歩んできた。確かに捨てることで自由を得たのだろうが、さて、それが首相夫人にできるのか?
 易々とポイされるような男がわが国の首相であることは国民としてはなんとも情けないことなのだが。

<R記者>

この記事のライター

最新の投稿


ダメ夫で南野陽子引退危機?

ダメ夫で南野陽子引退危機?

不倫騒動でNHK大河ドラマ『西郷どん』を降板した斉藤由貴の代役が回ってきた南野陽子(50)だが、早くも降板の危機に瀕している。


【弁護士EYE】男性の浮気

【弁護士EYE】男性の浮気

先日面白い相談があったので、抽象化して紹介したいと思います。


リチャード・ギア、三度目の結婚

リチャード・ギア、三度目の結婚

「年齢を重ねると精神的にも成長する。体が弱っていたとしても」


【弁護士EYE】養育費の不払い

【弁護士EYE】養育費の不払い

 離婚に際して、子の養育費を定めることがありますが、現状では、養育費の取り決めをしないで離婚してしまう場合も多く、また、取り決めをしたとしても不払いになってしまう場合もみられ、シングルマザーの貧困につながる問題となっています。


ブラピ、新しい恋を建築

ブラピ、新しい恋を建築

2016年9月、女優のアンジェリーナ・ジョリーと破局し、今なおずっと離婚調停が続いているブラッド・ピットだが、ようやく正式に離婚が成立しそうだという。