lawyerseye さんが 2018/05/01 に更新
【弁護士EYE】不貞行為認定するための証拠

【弁護士EYE】不貞行為認定するための証拠

裁判において、不貞行為があったことを認定するための証拠としてよく例に上げられるものに、(探偵などに撮影させた)ラブホテルから出入りするときの写真というものがあります。

不貞行為 証拠

 不貞行為とはつまり性行為のことですから、メール等で直接的な表現があったり、盗撮映像がない限り、直接にその行為があった事実を認定することはできないものなので、一般人をして通常そのような事実があったとしか考えられないような状況証拠があれば、裁判所もこれを認めることになります。
 そこで、不貞行為があったこと自体は初めからすぐに認めている場合と、当初はシラを切っていたがその後に出てきた証拠によってようやく観念して認めたという場合に、慰謝料額が異なるかというと、裁判所が判決で認定する限りでは、あまり影響しないと思われます。裁判所が離婚の慰謝料として勘案するのは、あくまで離婚に至る経緯で当事者が負った精神的損害で、その後に裁判でどんなにドロ沼化し負担がかかったとしても、それは離婚による慰謝料とは少し性質が異なるからです。
 もっとも、当事者間での交渉や和解などの当事者の合意が必要となる場合には、その態度によって、相手のことが許せないということに拘り、より高額の慰謝料でないと合意できない、ということはままあることです。

<Riconsodan弁護士>

この記事のライター

関連する投稿


【弁護士EYE】やりすぎは禁物

【弁護士EYE】やりすぎは禁物

相手が不貞行為を働いたとき、相手を怒りたくなるお気持ちはすごくわかりますが、やりすぎは後で自分に跳ね返ってきます。


【弁護士EYE】不貞行為に関する事件

【弁護士EYE】不貞行為に関する事件

不貞行為(不倫)に関する事件において、肉体関係がない場合であっても、第三者が夫婦間の婚姻関係を破壊したと評価できれば違法たり得るとして、慰謝料を肯定した裁判例がありますが、基本的には肉体関係をもって不貞行為となります。


男の浮気の証拠

男の浮気の証拠

男はひょっとして浮気を自慢している?


【弁護士EYE】夫婦円満の基礎

【弁護士EYE】夫婦円満の基礎

不貞行為、いわゆる不倫は、時間的に融通が利く人に多いような印象があります。


【弁護士EYE】不貞行為を牽制

【弁護士EYE】不貞行為を牽制

日本において裁判所が当事者に試験を課すというのはありませんが、ご相談の中には、不貞行為が奥様にばれた後に、奥様から奥様の誕生日や記念日を問う試験(?)をさせられて、その結果が散々であったため、最後に「次に不貞行為をした場合には慰謝料として500万円支払う」という誓約書を書かされた方がいました。


最新の投稿


年金分割を見込んだ熟年離婚は危険

年金分割を見込んだ熟年離婚は危険

「離婚しても夫の年金を分けてもらえるから老後はなんとかなる」


【弁護士EYE】「性格の不一致」では基本的に慰謝料は取れない

【弁護士EYE】「性格の不一致」では基本的に慰謝料は取れない

性格の不一致から離婚したいという相談は後を絶ちません。経験上特にそれが多いのは、子育ての終わった熟年離婚の方です。


DV夫を轢き殺した妻の罪は?

DV夫を轢き殺した妻の罪は?

米オハイオ州で起きた事件である。


【弁護士EYE】司法統計にみる離婚の動機

【弁護士EYE】司法統計にみる離婚の動機

婚姻関係事件の統計については、最高裁判所による平成25年度の司法統計が参考になります。


パキスタンの結婚事情とその悲劇

パキスタンの結婚事情とその悲劇

パキスタンで新妻が起した事件である。