riconsodan さんが 2018/04/25 に更新
宇多田ヒカル離婚

宇多田ヒカル離婚

シンガーソングライターの宇多田ヒカル(35)がまた離婚した。

宇多田ヒカル 離婚

 最初は2002年に映像作家の紀里谷和明氏と結婚し5年で破局したが、2014年には8歳年下で、ロンドンでバーテンダーを務めるイタリア人と再婚し驚かせた。翌年には男児にも恵まれ、当時、格差婚として世界的にも話題になったが、結局、別れた。離婚理由については明らかにされていないが、今後、宇多田はシングルマザーとして息子を育てながら音楽活動を続けるという。
 ちょうど今年がデビュー20周年にあたり、この春から始まったテレビドラマのイメージソングをてがけたり、初プロデュースした新人歌手がデビューしたりと、離婚が引き金になったのか本格的な活動を展開している。
 その一方で、早速、若手ミュージシャンとの交際も囁かれ、公私ともに忙しい。また再婚ともなれば、母である藤圭子と同じ3度目となるが、結婚離婚も血は争えないということなのか。

<R記者>

この記事のライター

関連する投稿


【弁護士EYE】離婚に際しての不動産の処分

【弁護士EYE】離婚に際しての不動産の処分

離婚に際してよく問題となるのは、不動産の処分です。


【弁護士EYE】裁判所での調停

【弁護士EYE】裁判所での調停

裁判所での調停等においては、どちらか一方が、離婚を求めているケースが通常ですので、裁判所が復縁を提案するというのは、あまり見られません。


【弁護士EYE】典型的な離婚のケース

【弁護士EYE】典型的な離婚のケース

最も典型的な離婚のケースは、一方はどうしても離婚したいのに、相手が離婚に応じず、なかなか離婚に至らないケースです。


【弁護士EYE】離婚に際しての婚姻費用の分担義務

【弁護士EYE】離婚に際しての婚姻費用の分担義務

夫婦関係が悪化し、別居をしていたとしても、夫婦はその資産・収入・社会的地位に応じて通常の社会生活を維持するために必要な費用をお互いに分担する必要があり、これを「婚姻費用」といいます。


離婚に際しての婚姻費用の分担義務

離婚に際しての婚姻費用の分担義務

夫婦には「生活保持義務」がある。


最新の投稿


【弁護士EYE】年の差婚

【弁護士EYE】年の差婚

芸能人などで年の差カップルが、話題になることがあり、多くは高齢な男性側が資産を持っているために、女性が遺産目当てでの結婚ではないか、と心無いことを言われることもあります。


高齢男性が父親になったら

高齢男性が父親になったら

今や「年の差婚」は珍しくない。


同性婚及び事実婚の遺産相続

同性婚及び事実婚の遺産相続

同性婚が認められていない日本。法的に認められていなくても、“夫婦然”と一緒に暮らすカップルはいる。


【弁護士EYE】離婚に際しての不動産の処分

【弁護士EYE】離婚に際しての不動産の処分

離婚に際してよく問題となるのは、不動産の処分です。


ペットの“親権”は?

ペットの“親権”は?

犬や猫などのペットを我が子同然のように可愛がる夫婦は少なくない。


最近話題のキーワード

ここ最近話題のキーワード


年の差婚 高齢男性 女性 遺産目当て