lawyerseye さんが 2018/04/16 に更新
【弁護士EYE】離婚約

【弁護士EYE】離婚約

カップルが婚約をしたが、正当な理由なく一方がこれを破棄した場合には、相手方の精神的損害に対して慰謝料請求が認められるケースがあります。

離婚約 婚約 債務不履行

 たとえ口約束だとしても、指輪のプレゼント、親への挨拶などの状況証拠から、婚約の合意が認められると、そのような婚約の不当破棄は、債務不履行ないし不法行為となります。
 それでは、最近話題になっているという「離婚約」において、その合意を書面化して、離婚の条件を予め取り決めすることがあるということですが、その「不当破棄」に対する慰謝料請求は認められるでしょうか。
 この点、離婚が成立するためには、離婚届を提出する際に、有効な離婚する意思が必要となるため、たとえ離婚約を書面化していても、過去の合意をもって、離婚する気をなくした方を強制的に離婚させることはできないと考えられます。また、書面の中で、慰謝料や財産分与などの金銭支払いの取り決めをしていたとしても、これは離婚が成立したことを前提とするものですので、支払い義務は発生しないでしょう。

<Riconsodan弁護士>

この記事のライター

関連する投稿


離婚約の落とし穴

離婚約の落とし穴

「離婚約」。


最新の投稿


ダメ夫で南野陽子引退危機?

ダメ夫で南野陽子引退危機?

不倫騒動でNHK大河ドラマ『西郷どん』を降板した斉藤由貴の代役が回ってきた南野陽子(50)だが、早くも降板の危機に瀕している。


【弁護士EYE】男性の浮気

【弁護士EYE】男性の浮気

先日面白い相談があったので、抽象化して紹介したいと思います。


リチャード・ギア、三度目の結婚

リチャード・ギア、三度目の結婚

「年齢を重ねると精神的にも成長する。体が弱っていたとしても」


【弁護士EYE】養育費の不払い

【弁護士EYE】養育費の不払い

 離婚に際して、子の養育費を定めることがありますが、現状では、養育費の取り決めをしないで離婚してしまう場合も多く、また、取り決めをしたとしても不払いになってしまう場合もみられ、シングルマザーの貧困につながる問題となっています。


ブラピ、新しい恋を建築

ブラピ、新しい恋を建築

2016年9月、女優のアンジェリーナ・ジョリーと破局し、今なおずっと離婚調停が続いているブラッド・ピットだが、ようやく正式に離婚が成立しそうだという。