lawyerseye さんが 2018/05/14 に更新
【弁護士EYE】価値観の違い

【弁護士EYE】価値観の違い

以前、「夫がとにかくせこい、けち、お金に汚いので、離婚できないか」とのご相談を受けたことがあります。

価値観 違い

 話を聞いてみると、たしかに私もケチだなと思ったのですが、一緒に法律相談を受けた弁護士に後から意見を聞いたところ、お金にしっかりしているとむしろ好評価だったのが忘れられません。
 このように価値観は人それぞれであり、多少価値観が違ったところで、法律上容易には離婚原因となりません。
 ただし、法律上離婚原因にならなくても、本人同士が同意すれば協議離婚は成立します。先の相談例には後日談があり、数ヶ月後再びご相談にいらしたときには、離婚自体はスムーズに成立し、次に財産分与で揉めているというご相談でした。
 価値観の相違で一方が不満を抱いているときは、大抵他方も不満を抱いているものです。何ヶ月も悩んだ末に意を決して離婚を切り出すと、拍子抜けするように協議離婚の話し合いが進むことは良く聞く話です。

<Riconsodan弁護士>

この記事のライター

関連する投稿


【弁護士EYE】男女の違い

【弁護士EYE】男女の違い

男性が不倫をした場合と女性が不倫をした場合の法律上の違いはありません。


女の不倫の方が罪が重い?

女の不倫の方が罪が重い?

そもそも不倫に男と女に違いがあるのか?


事実婚と内縁関係

事実婚と内縁関係

事実婚と内縁関係の違い?


結婚は人生の逃げ道になるか?

結婚は人生の逃げ道になるか?

なぜ結婚するのか?


【弁護士EYE】男女の認識の違い

【弁護士EYE】男女の認識の違い

夫婦喧嘩はどの夫婦にもつきものだと思いますが、離婚相談に乗っていて、男女の認識の違いを感じることがあります。


最新の投稿


年金分割を見込んだ熟年離婚は危険

年金分割を見込んだ熟年離婚は危険

「離婚しても夫の年金を分けてもらえるから老後はなんとかなる」


【弁護士EYE】「性格の不一致」では基本的に慰謝料は取れない

【弁護士EYE】「性格の不一致」では基本的に慰謝料は取れない

性格の不一致から離婚したいという相談は後を絶ちません。経験上特にそれが多いのは、子育ての終わった熟年離婚の方です。


DV夫を轢き殺した妻の罪は?

DV夫を轢き殺した妻の罪は?

米オハイオ州で起きた事件である。


【弁護士EYE】司法統計にみる離婚の動機

【弁護士EYE】司法統計にみる離婚の動機

婚姻関係事件の統計については、最高裁判所による平成25年度の司法統計が参考になります。


パキスタンの結婚事情とその悲劇

パキスタンの結婚事情とその悲劇

パキスタンで新妻が起した事件である。