lawyerseye さんが 2018/05/14 に更新
【弁護士EYE】価値観の違い

【弁護士EYE】価値観の違い

以前、「夫がとにかくせこい、けち、お金に汚いので、離婚できないか」とのご相談を受けたことがあります。

価値観 違い

 話を聞いてみると、たしかに私もケチだなと思ったのですが、一緒に法律相談を受けた弁護士に後から意見を聞いたところ、お金にしっかりしているとむしろ好評価だったのが忘れられません。
 このように価値観は人それぞれであり、多少価値観が違ったところで、法律上容易には離婚原因となりません。
 ただし、法律上離婚原因にならなくても、本人同士が同意すれば協議離婚は成立します。先の相談例には後日談があり、数ヶ月後再びご相談にいらしたときには、離婚自体はスムーズに成立し、次に財産分与で揉めているというご相談でした。
 価値観の相違で一方が不満を抱いているときは、大抵他方も不満を抱いているものです。何ヶ月も悩んだ末に意を決して離婚を切り出すと、拍子抜けするように協議離婚の話し合いが進むことは良く聞く話です。

<Riconsodan弁護士>

この記事のライター

関連する投稿


結婚は人生の逃げ道になるか?

結婚は人生の逃げ道になるか?

なぜ結婚するのか?


【弁護士EYE】男女の認識の違い

【弁護士EYE】男女の認識の違い

夫婦喧嘩はどの夫婦にもつきものだと思いますが、離婚相談に乗っていて、男女の認識の違いを感じることがあります。


最新の投稿


【弁護士EYE】子供のこと

【弁護士EYE】子供のこと

離婚の際、揉めに揉めることが多いのが子供のことです。


パチンコ依存症で借金まみれでも……

パチンコ依存症で借金まみれでも……

離婚理由の大きな1つに金銭トラブルがある。


離婚しないための結婚

離婚しないための結婚

最近、ある女性誌で行ったアンケートによると、離婚したカップルの結婚理由の1位は「子供を授かったから」だった。


【弁護士EYE】慰謝料請求に弁護士費用や探偵の費用なども請求できるのか

【弁護士EYE】慰謝料請求に弁護士費用や探偵の費用なども請求できるのか

不貞行為があった場合に慰謝料請求ができることは知られていますが、弁護士費用や探偵の費用なども請求してほしいという質問がよくなされます。


【弁護士EYE】婚活ブーム

【弁護士EYE】婚活ブーム

数年前から「街コン」や「婚活パーティー」など婚活ブームが騒がれ、同じく数年前から「文春砲」により不倫がにわかに世間の注目を集まって以降、弁護士として、男女関係のトラブルのご相談が今後増えるのでは?と思った記憶があります。