lawyerseye さんが 2018/05/14 に更新
【弁護士EYE】価値観の違い

【弁護士EYE】価値観の違い

以前、「夫がとにかくせこい、けち、お金に汚いので、離婚できないか」とのご相談を受けたことがあります。

価値観 違い

 話を聞いてみると、たしかに私もケチだなと思ったのですが、一緒に法律相談を受けた弁護士に後から意見を聞いたところ、お金にしっかりしているとむしろ好評価だったのが忘れられません。
 このように価値観は人それぞれであり、多少価値観が違ったところで、法律上容易には離婚原因となりません。
 ただし、法律上離婚原因にならなくても、本人同士が同意すれば協議離婚は成立します。先の相談例には後日談があり、数ヶ月後再びご相談にいらしたときには、離婚自体はスムーズに成立し、次に財産分与で揉めているというご相談でした。
 価値観の相違で一方が不満を抱いているときは、大抵他方も不満を抱いているものです。何ヶ月も悩んだ末に意を決して離婚を切り出すと、拍子抜けするように協議離婚の話し合いが進むことは良く聞く話です。

<Riconsodan弁護士>

この記事のライター

関連する投稿


結婚は人生の逃げ道になるか?

結婚は人生の逃げ道になるか?

なぜ結婚するのか?


【弁護士EYE】男女の認識の違い

【弁護士EYE】男女の認識の違い

夫婦喧嘩はどの夫婦にもつきものだと思いますが、離婚相談に乗っていて、男女の認識の違いを感じることがあります。


最新の投稿


ダメ夫で南野陽子引退危機?

ダメ夫で南野陽子引退危機?

不倫騒動でNHK大河ドラマ『西郷どん』を降板した斉藤由貴の代役が回ってきた南野陽子(50)だが、早くも降板の危機に瀕している。


【弁護士EYE】男性の浮気

【弁護士EYE】男性の浮気

先日面白い相談があったので、抽象化して紹介したいと思います。


リチャード・ギア、三度目の結婚

リチャード・ギア、三度目の結婚

「年齢を重ねると精神的にも成長する。体が弱っていたとしても」


【弁護士EYE】養育費の不払い

【弁護士EYE】養育費の不払い

 離婚に際して、子の養育費を定めることがありますが、現状では、養育費の取り決めをしないで離婚してしまう場合も多く、また、取り決めをしたとしても不払いになってしまう場合もみられ、シングルマザーの貧困につながる問題となっています。


ブラピ、新しい恋を建築

ブラピ、新しい恋を建築

2016年9月、女優のアンジェリーナ・ジョリーと破局し、今なおずっと離婚調停が続いているブラッド・ピットだが、ようやく正式に離婚が成立しそうだという。