riconsodan さんが 2018/05/08 に更新
トランプ大統領の嘘

トランプ大統領の嘘

アメリカのトランプ大統領は言わずと知れた大富豪である。

大富豪 アメリカ

 トランプほどの知名度や経済力を持ってすれば、その存在自体が一種のブランドのようで、その価値の恩恵にあやかろうとする輩がいるそうだが。
 かつて、トランプはニューヨークタイムズのインタビューで、メラニア夫人に婚約指輪を購入する際に、業者から150万ドル(1億6千万円)のダイヤモンドをを100万ドル(1億1千万円)のVIP割引で手に入れたと自慢していた。自分には差額の50万ドルのブランド価値があると言わんとばかりだった。
 さらに、結婚式の際にも撮影費やプライベートジェット、花束等々、認知度欲しさに無料提供を申し出る業者がいたという。が…。
 先の宝石業者によると、
「宣伝目的でセレブや著名人に割引を提供することはない」
 と、トランプは正規の値段で購入したことを明かした。結婚10周年の25カラットの300万ドル(3億2千万円)のダイヤモンドの時も正規価格での購入だったという。
 要するに、トランプが自慢するような“トランプブランド”などなかったわけである。
 そんなブランドよりも、トランプは「まけろ」とセコいことを言わずに買えるほどの金持ちなんだから堂々としていればいいのに、よくわからない。
 これって貧乏人のひがみ?

<R記者>

この記事のライター

関連する投稿


浮気されたら?

浮気されたら?

アメリカの心理学者が浮気をされた経験のある100人に対し、興味深い調査を行った。


愛の物差し~ボッサードの法則

愛の物差し~ボッサードの法則

アメリカの心理学者ボッサードによると、男女間の物理的な距離が近いほど心理的距離も縮まるという。


離婚の前触れ

離婚の前触れ

アメリカの社会学会でユニークな報告がなされた。


間違った結婚

間違った結婚

結婚式は二人にとって人生最高の舞台であり、最も愛に満ち溢れた瞬間であろう。


最新の投稿


年金分割を見込んだ熟年離婚は危険

年金分割を見込んだ熟年離婚は危険

「離婚しても夫の年金を分けてもらえるから老後はなんとかなる」


【弁護士EYE】「性格の不一致」では基本的に慰謝料は取れない

【弁護士EYE】「性格の不一致」では基本的に慰謝料は取れない

性格の不一致から離婚したいという相談は後を絶ちません。経験上特にそれが多いのは、子育ての終わった熟年離婚の方です。


DV夫を轢き殺した妻の罪は?

DV夫を轢き殺した妻の罪は?

米オハイオ州で起きた事件である。


【弁護士EYE】司法統計にみる離婚の動機

【弁護士EYE】司法統計にみる離婚の動機

婚姻関係事件の統計については、最高裁判所による平成25年度の司法統計が参考になります。


パキスタンの結婚事情とその悲劇

パキスタンの結婚事情とその悲劇

パキスタンで新妻が起した事件である。