riconsodan さんが 2018/04/23 に更新
離婚後同居

離婚後同居

結婚していながら別居している夫婦はよくあるケースだが、離婚した後も同居を続ける夫婦がいる。離婚後同居である。

離婚後 同居

顔も見たくない二人が何故?
メリットが少なくないからだという。
まずは家賃を含めた生活費である。子供の転校問題もある。特に、子供の将来のことだけを考えればメリットが大きいという。
また、一時的な感情での喧嘩の末、その勢いで離婚した場合、同居を続けることで復縁する可能性もあるのだとも。
ただ、“離婚後同居”をダラダラと長く続けていると、法的に事実婚とみなされ、特に男性は財産分与や扶養義務を課せられる。女性からしたらメリットではあるが。
いずれにせよ、経済的理由や社会的体裁だけで同居を続けるだけの生活は心に響かず、残るのは空しさだけに思えてならない。

<R記者>

この記事のライター

関連する投稿


【弁護士EYE】離婚後の共同生活

【弁護士EYE】離婚後の共同生活

夫婦が離婚した後も、お互いに同居を続けるということは、実はよくあることです。


【弁護士EYE】離婚後の関係

【弁護士EYE】離婚後の関係

離婚後の関係については、当然のことながら千差万別です。


小倉優子、離婚の後日談

小倉優子、離婚の後日談

昨年、ヘアメイクアーティストと離婚したタレントの小倉優子(34)が、バラエティ番組の中でかつての結婚生活にふれた。


【弁護士EYE】離婚後の面会交流について

【弁護士EYE】離婚後の面会交流について

離婚後に多くの夫婦間で問題となるのが、面会交流についてです。


【弁護士EYE】内縁関係と同棲

【弁護士EYE】内縁関係と同棲

婚姻をしていない男女が同居する場合として、内縁関係と同棲があります。


最新の投稿


【弁護士EYE】子供のこと

【弁護士EYE】子供のこと

離婚の際、揉めに揉めることが多いのが子供のことです。


パチンコ依存症で借金まみれでも……

パチンコ依存症で借金まみれでも……

離婚理由の大きな1つに金銭トラブルがある。


離婚しないための結婚

離婚しないための結婚

最近、ある女性誌で行ったアンケートによると、離婚したカップルの結婚理由の1位は「子供を授かったから」だった。


【弁護士EYE】慰謝料請求に弁護士費用や探偵の費用なども請求できるのか

【弁護士EYE】慰謝料請求に弁護士費用や探偵の費用なども請求できるのか

不貞行為があった場合に慰謝料請求ができることは知られていますが、弁護士費用や探偵の費用なども請求してほしいという質問がよくなされます。


【弁護士EYE】婚活ブーム

【弁護士EYE】婚活ブーム

数年前から「街コン」や「婚活パーティー」など婚活ブームが騒がれ、同じく数年前から「文春砲」により不倫がにわかに世間の注目を集まって以降、弁護士として、男女関係のトラブルのご相談が今後増えるのでは?と思った記憶があります。