riconsodan さんが 2018/04/23 に更新
離婚後同居

離婚後同居

結婚していながら別居している夫婦はよくあるケースだが、離婚した後も同居を続ける夫婦がいる。離婚後同居である。

離婚後 同居

顔も見たくない二人が何故?
メリットが少なくないからだという。
まずは家賃を含めた生活費である。子供の転校問題もある。特に、子供の将来のことだけを考えればメリットが大きいという。
また、一時的な感情での喧嘩の末、その勢いで離婚した場合、同居を続けることで復縁する可能性もあるのだとも。
ただ、“離婚後同居”をダラダラと長く続けていると、法的に事実婚とみなされ、特に男性は財産分与や扶養義務を課せられる。女性からしたらメリットではあるが。
いずれにせよ、経済的理由や社会的体裁だけで同居を続けるだけの生活は心に響かず、残るのは空しさだけに思えてならない。

<R記者>

この記事のライター

関連する投稿


【弁護士EYE】離婚後の関係

【弁護士EYE】離婚後の関係

離婚後の関係については、当然のことながら千差万別です。


小倉優子、離婚の後日談

小倉優子、離婚の後日談

昨年、ヘアメイクアーティストと離婚したタレントの小倉優子(34)が、バラエティ番組の中でかつての結婚生活にふれた。


【弁護士EYE】離婚後の面会交流について

【弁護士EYE】離婚後の面会交流について

離婚後に多くの夫婦間で問題となるのが、面会交流についてです。


【弁護士EYE】内縁関係と同棲

【弁護士EYE】内縁関係と同棲

婚姻をしていない男女が同居する場合として、内縁関係と同棲があります。


【弁護士EYE】面会交流における危険性

【弁護士EYE】面会交流における危険性

今年の4月、痛ましい事件が発生しました。離婚後に娘と面会していた父親が、娘を絞殺後、自殺したという事件です。


最新の投稿


【弁護士EYE】年の差婚

【弁護士EYE】年の差婚

芸能人などで年の差カップルが、話題になることがあり、多くは高齢な男性側が資産を持っているために、女性が遺産目当てでの結婚ではないか、と心無いことを言われることもあります。


高齢男性が父親になったら

高齢男性が父親になったら

今や「年の差婚」は珍しくない。


同性婚及び事実婚の遺産相続

同性婚及び事実婚の遺産相続

同性婚が認められていない日本。法的に認められていなくても、“夫婦然”と一緒に暮らすカップルはいる。


【弁護士EYE】離婚に際しての不動産の処分

【弁護士EYE】離婚に際しての不動産の処分

離婚に際してよく問題となるのは、不動産の処分です。


ペットの“親権”は?

ペットの“親権”は?

犬や猫などのペットを我が子同然のように可愛がる夫婦は少なくない。


最近話題のキーワード

ここ最近話題のキーワード


年の差婚 高齢男性 女性 遺産目当て